日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.06)
消費者調査 No.173 シャンプー(2013年6月版)
TSUBAKI、パンテーンの2強の間に割って入るのは?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
最新版(2013年9月)「満足度の高さが目立つスカルプケアシャンプー」はこちらから
 シャンプー市場は、ノンシリコンやスカルプケアなどを訴求した中~高価格帯の商品が登場し、堅調な動きをみせています。
 今回は、当社が任意に選んだシャンプー27ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2011年10月版)と同様、複数の項目で資生堂の「TSUBAKI」とP&Gの「パンテーン」が首位を争う結果となった。
 「TSUBAKI」は、広告接触では「パンテーン」に5ポイント差の首位となったが、店頭接触、3ヶ月内購入、今後の購入意向などでは、両者の差は1ポイント以内で、まさにデッドヒートの様相である。
 「TSUBAKI」「パンテーン」に続くのは、「メリット(花王)」「ラックス スーパーリッチシャイン(ユニリーバ)」「アジエンス(花王)」などで、とくに「メリット」は認知と購入経験で首位となり、ロングセラーらしい強さをみせた。
 また、ユーザーの満足度の指標となる購入者ベースの今後の購入意向で、首位はこれらのベストセラーブランドを抑えてノンシリコンシャンプーの「レヴール(ジャパンゲートウェイ)」、2位はスカルプケアの「サクセス(花王)」と、今注目されているカテゴリーの商品が入っている。

 シャンプー市場では、ファミリーユースからパーソナルユースへのシフトが進んでおり、それに伴って個別のニーズに合わせたさまざまな特長や機能を訴求した商品が次々に店頭に登場している。ノンシリコンやスカルプケアなどもそのトレンド上にあると理解できるが、新しい切り口として、オイルシャンプー、地肌クレンジング、アンチエイジング、オーガニックなどが「次のトレンド」を担うものとして期待されている。めまぐるしく変化するシャンプー市場の今後が注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示27ブランド】
  • h&s(P&G)
  • ヴィダルサスーン(P&G)
  • ハーバルエッセンス(P&G)
  • パンテーン(P&G)
  • パンテーンクリニケア(P&G)
  • サラ(カネボウ化粧品)
  • いち髪(クラシエ)
  • ナイーブ(クラシエ)
  • 海のうるおい藻(クラシエ)
  • ルシード(マンダム)
  • ダヴ 浸透モイスチャーケア(ユニリーバ)
  • モッズヘア(ユニリーバ)
  • ラックス スーパーリッチシャイン(ユニリーバ)
  • 植物物語ハーブブレンド(ライオン)
  • Oxy(オキシー)(ロート製薬)
  • サクセス(花王)
  • アジエンス(花王)
  • エッセンシャル ダメージケア(花王)
  • セグレタ(花王)
  • メリット(花王)
  • 水分ヘアパック(資生堂)
  • スーパーマイルド(資生堂)
  • TSUBAKI(資生堂)
  • マシェリ(資生堂)
  • サロンスタイル(コーセー)
  • レヴール(ジャパンゲートウェイ)
  • スカルプD(アンファー)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年3月29日~4月1日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,051サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.