日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2011.09)
消費者調査データ No.126 リップグロス(2011年9月版)
満足度はマキアージュ、オーブクチュール、普段使いはオルビス、DHC
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 ポイントをおくメイクアップのトレンドが続くなかで、色味をおさえて質感を付加するリップグロスは、リップメイクの重点アイテムとして注目されてきました。
 今回のランキングは、当社が任意に選んだリップグロス22ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、すべての項目で「マキアージュ(資生堂)」が首位となり、マスカラ、ファンデーションのランキングと同様に、メガブランドの実力を示した。項目別でみたときに、広告接触や店頭接触、認知率が高いのも同様で、フルラインでの展開や、インパクトのある広告、高い店頭カバー率などがブランド浸透の高さにつながっていると考えられる。
 「マキアージュ」を追うブランドのなかで、注目されるのは、3ヶ月以内購入と今後の購入意向、及び購入者の満足度を表す指標である購入者ベースの購入意向で2位となった「オーブクチュール(花王)」である。
 また、ファンデーションのランキングでも、3ヶ月以内購入の上位に挙げられた「オルビス(オルビス)」「DHC(ディーエイチシー)」は、今回も3ヶ月以内購入の同率3位に入り、リップグロスでも通販ブランドの浸透を示しているが、購入者ベースの購入意向ではそれぞれ13位、9位にとどまっている。ユーザー満足度の点では「マキアージュ」や「オーブクチュール」に一歩リードを許しているといえよう。

 節約志向や価格志向をうけ、化粧品市場全体が低価格へのシフトするなか、リップグロスの市場でも、さまざまな付加価値をもった普及価格帯商品の伸長が目立つ。大量露出でファンを獲得してきた「マキアージュ」や「オーブクチュール」に代表されるブランドは、今の高いユーザー満足度を武器に、普及価格帯の「オルビス」などの追撃をかわして拡大を続けられるのかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示22ブランド】
  • RMK
  • CANMAKE
  • オルビス
  • エテュセ
  • オーブクチュール
  • KATE
  • コフレドール
  • ラヴーシュカ
  • クリニーク
  • インテグレート
  • インテグレートグレイシィ
  • マキアージュ
  • マジョリカマジョルカ
  • be-zen
  • ディオール
  • DHC
  • ラボラボ
  • ブルジョワ
  • MAC
  • 無印良品
  • ランコム
  • レブロン

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年8月22日~8月25日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の女性個人
有効回収サンプル数:968サンプル
サンプル構成(%)



会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.