保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2007.8)
低アルコール飲料(2007年夏版)
新製品は軒並み苦戦。市場は「キリンチューハイ 氷結」の独壇場へ
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 少子高齢化や20~30代の若年層のビール離れなどにより、ビール類(ビール・発泡酒・第3のビール)の市場が低迷している。その一方、ライトなテイストで飲みやすい、アルコール度数が低いチューハイやカクテル、サワーなどの低アルコール飲料は、味のバリエーションの豊富さなど若い女性を中心に人気を集めています。
 ビール類を除く、チューハイ・サワー・カクテルといった低アルコール飲料について当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 まず、すべてのランキングで1位となったのは、「キリンチューハイ 氷結」である。2001年7月に発売された「キリンチューハイ・氷結果汁」(当時)は、翌02年にはチューハイのトップブランドに成長。05年には4割近いシェアを獲得し、現在も維持している。「知っている」(認知率)は、2位以下を20ポイント以上引き離しており、「自宅で飲んだことがある」(飲用経験)では、2倍弱の大差になる。また7月からは歌手の倖田来未を起用したCMを放映し、店頭でのプロモーションと連動させることで、ブランドの鮮度を保っている。「今後(も)飲みたい」でも2位に以下に2倍以上の差をつけており、その浸透度は、「アサヒスーパードライ」「キリンラガー」といったビール類のトップブランドと遜色なく、当面はトップの座は揺るぎそうもない。
 07年夏シーズンの新商品で注目されるのが、サントリー「アワーズ」である。その名の通り「AWA(泡)」を訴求した同商品は、女優の加藤あいを起用した広告を大量投下していることもあり、「三ヶ月以内に広告でみた」では、氷結に次ぐ2位となっている。サントリーは、「-196℃」「カロリ。」の既存ブランドとともに独走する氷結を包囲したいところだが、認知や飲用経験がまだまだ低い。さらに今後の意向をみる限りでも、その育成にはかなりの時間を要すると思われる。
 ビール各社は、ビール類やチューハイの市場が頭打ちになるなか、味の組み合わせが幾通りもあるカクテルで、アルコール離れが進む若い世代の需要を掘り起こす動きを見せている。キリンは、8月29日に「スパークル」でカクテル飲料に本格参入する。カクテルで迎え撃つのはアサヒで、看板の「カクテルパートナー」はカクテル飲料市場の5割超のシェアを占める。ここでもキリンとアサヒの2強が凌ぎを削る構図である。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






【提示24ブランド】
  • キリンチューハイ 氷結(キリンビール)
  • チューハイ 旬果搾り(アサヒビール)
  • チューハイ ハイリキ(アサヒビール)
  • アサヒ 五年熟成した梅酒(アサヒビール)
  • AQUASPARK(アサヒビール)
  • すっぱチューハイ(アサヒビール)
  • アワーズ(サントリー)
  • -196℃(サントリー)
  • サントリーチューハイ カロリ。(サントリー)
  • サントリー沖縄チューハイ(サントリー)
  • 北海道夕張メロンホワイトサワー(サントリー)
  • スーパーチューハイ(サントリー)
  • サントリーチューハイ烏龍茶割り(サントリー)
  • サントリーチューハイドライ(サントリー)
  • 銀座カクテル(サントリー)
  • カクテル・カロリ。(サントリー)
  • とっておき果実のお酒(サントリー)
  • タカラCANチューハイ(宝酒造)
  • タカラCANチューハイ直絞り(宝酒造)
  • TAKARA焼酎ハイボール(宝酒造)
  • TAKARAおいしいチューハイ(宝酒造)
  • TAKARAビューティースパークリング(宝酒造)
  • アサヒ・カクテルパートナー(アサヒビール)
  • トマーテ(アサヒビール)

サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2007年8月1日~3日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        全国 男女個人
有効回収サンプル数:635サンプル


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.