日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2006.07)
コーラ飲料

生誕120周年の「コカ・コーラ」が強固なブランド力を示す
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 今回は、主要なコーラ7ブランド(2006年3月末時点での発売アイテム)について、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。なお、今回の調査を更に分析したものをネット評判記No.91に掲載しております。あわせてご覧ください。

 今回のランキングでは、「コカ・コーラ」のひとり勝ちという結果となった。コカ・コーラは、全6ランキングで1位を独占した。特に、「最近1ヶ月以内に買って飲んだ」(22ポイント)、「今後(も)飲みたい」(24ポイント)、「好きなコーラ」(30ポイント)では、2位を20ポイント以上も引き離しての1位であった。
 また、健康志向を背景に2000年を境に拡大してきた低カロリータイプの「ダイエット」カテゴリーは「コカ・コーラ」「ペプシ」ともに浸透していることがうかがえる。
 最後に2006年3月末に発売された「ペプシネックス(PEPSI NEX)」は、「最近1ヶ月以内に買って飲んだ」で3位になったものの、「最近1ヶ月以内に買って飲んだことのある人ベースの今後意向」ランキングでは最下位になるなど、そのリピーター獲得に課題があり、現状ではロングセラーに成長するのは難しいと推測される。


サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:
 2006年5月31日~6月1日
調査対象者:
 当社インターネットモニター
 20~49歳
 全国の男女個人
有効回収サンプル数:638サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.