日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.11)
消費者調査 No.237
ノンアルコール飲料(2016年11月版)
オールフリーとドライゼロがけん引するノンアル市場


 2015年のノンアルコール飲料の市場規模は、前年比5%増で、2010年と比較すると約2倍となり、2016年も1.5%程度の成長が見込まれています(サントリー調べ)。

 今回は、当社が任意に選んだノンアルコール飲料23ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って飲んだことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)での接触状況(3ヶ月内店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、サントリーの「オールフリー」が、アサヒビールの「ドライゼロ」と接戦の末、7項目中6項目で首位を獲得した。前回(2012年6月版)でトップを獲得した「キリンフリー(キリンビール)」が、やや差のある3位、4位が「のんある気分(サントリー)」という構図である。

 ノンアルコール飲料は、3ヶ月内の購入経験者が、首位の「オールフリー」でも1割ということからもわかるように、市場のボリュームとしてはまだ小さい。しかし、上位ブランドの再購入意向は軒並み6割前後と、ロイヤル層の形成がみられ、今後も成長が予想される。

 ノンアルコール飲料の市場は、「飲酒ができないドライバー」向けの飲料として、外食需要を取り込んで急拡大してきた。メーカー各社は、今後は「夕食」「昼食」「アウトドア」「オフィス」など幅広いシーンでの飲用を訴求していく構えだ。一時の勢いはないとはいえ、「オールフリー」「ドライゼロ」のトップ2ブランドが熾烈な競争を繰り広げながら成長するノンアルコール市場。年末年始という飲酒機会の増える時期を控え、その行方が注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





【提示23ブランド】
  • ドライゼロ(アサヒ)
  • オールフリー(サントリー)
  • キリンフリー(キリンビール)
  • パーフェクトキリンフリー(キリンビール)
  • 休む日のAlc.0.00%(キリンビール)
  • プレミアムアルコールフリー(サッポロ)
  • ホッピー(ホッピービバレッジ)
  • 龍馬(日本ビール)
  • ヘルシアモルトスタイル(花王)
  • バーリアル3つのフリー(イオン)
  • のんある気分(サントリー)
  • フォレスティ(サントリー)
  • ゼロカク(アサヒ)
  • スタイルバランス(アサヒ)
  • ゼロハイ氷零(キリンビール)
  • チューハイテイスト(サンガリア)
  • ヴィンテンス(ネオブュル)
  • セレブレ(トンボ飲料)
  • 小鶴ゼロ(小正醸造)
  • 零の雫(福光屋)
  • 月桂冠フリー(月桂冠)
  • 酔わないウメッシュ(チョーヤ梅酒)
  • まるで梅酒なノンアルコール(サントリー)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年10月14日~19日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,039サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.