日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.01)
ミネラルウォーター(2016年1月版)
い・ろ・は・すとサントリー天然水の一騎打ち


 ミネラルウォーターの市場は、2011年に東日本大震災の備蓄用として大幅に拡大、2012年は反動で微減となったものの、2013年、2014年と堅調に推移しています(日本ミネラルウォーター協会)。

 今回は、当社が任意に選んだミネラルウォーター23ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って飲んだことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭・自動販売機(で見たことがある)」での接触状況(3ヶ月内店頭接触)、「3ヶ月以内に買って飲んだ」(3ヶ月以内購入)、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査では、2009年発売の「い・ろ・は・す(日本コカ・コーラ)」と1991年発売の「サントリー天然水(サントリー)」がほとんどの項目で首位を争う展開になった。両者は、「い・ろ・は・す」が3ヶ月内広告接触で9ポイント差、店頭接触で5ポイント差となった以外は、認知、飲用経験、3ヶ月内飲用、今後意向などの項目で3ポイント差以内という接戦である。

 3位には、上位2ブランドにやや差をつけられてはいるが「ボルヴィック(キリンビバレッジ)」が追随し、4位以下には「エビアン」「森の水だより(日本コカ・コーラ)」などがランクインした。

 ミネラルウォーター市場の伸長の背景には、災害対策品としての重要性の再認識のほかにも、健康やダイエットへの関心の高まりなどが考えられる。メーカー各社は、かつて主流だったプレーンのミネラルウォーターに加え、スパークリングウォーターやフレーバーウォーター、期間限定のデザインラベル、デザインボトルなどで需要のさらなる拡大を狙っている。実際に2015年4月発売の「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」は一時品薄となるほどのヒットを記録し、「い・ろ・は・す」も、さまざまなフレーバーを展開し、好調な売れ行きを続けている。付加価値を追求した製品のラッシュで今後もさらに市場活性化が期待される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。










【提示23ブランド】
  • サントリー天然水(サントリー)
  • アサヒおいしい水(アサヒ飲料)
  • ボルヴィック(キリンビバレッジ)
  • 富士山麓のおいしい天然水
    (ポッカサッポロ*)
  • バナジウムウォーター
    (ポッカサッポロ*)
  • 森の水だより(日本コカ・コーラ)
  • い・ろ・は・す(日本コカ・コーラ)
  • フロムアクア(JR東日本)
  • 磨かれて、澄みきった日本の水(伊藤園)
  • 天然アルカリ温泉水財宝(財宝)
  • 日田天領水
  • ゲロルシュタイナー
  • ヴィッテル
  • エビアン
  • コントレックス
  • ペリエ
  • クリスタルガイザー
  • サンペレグリノ
  • ボルセック
  • フィジーウォーター
  • ファミマの天然水(ファミリーマート)
  • ナチュラルウォーター(ローソン)
  • トップバリュベビーナチュラルミネラルウォーター(イオン)
*ポッカサッポロフード&ビバレッジ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2015年12月10日~14日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,017サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.