保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2013.07)
消費者調査 No.177 RTD(2013年7月版)
首位氷結を追うほろよい
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 RTD(Ready to Drink:そのまますぐ飲める)と呼ばれる缶入りのチューハイやハイボールなどの低アルコール飲料は、成熟市場であるアルコール市場のなかでも順調に拡大を続けています。
 今回は、当社が任意に選んだRTD31ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2012年版)と同様に、多くの項目で「キリン氷結(キリンビール)」が首位を獲得した。
 「キリン氷結」は、8項目中5項目で首位を獲得、購入経験では2位の「ほろよい(サントリー)」に12.3ポイント差をつけているが、3ヶ月内購入では5.3ポイントまで差をつめられている。さらに購入者の満足度の指標である購入者ベースの今後の購入意向(再購入意向)では、2位の「ほろよい」に11.1ポイント差の9位にとどまった。これは、トップシェアの商品だけに、お試しだけで離脱したユーザーも相当数いることが原因と考えられ、アクティブなユーザーに絞ってみる(3ヶ月内購入者ベースの今後の購入意向)と、「ほろよい」を抑えて94.2%と高い数字となっており、厚いコアユーザー層の存在が伺える。

 RTD市場は、果実系のフレーバーを軸にアイテムを拡大、成長を続けてきた。前回(2012年版)人気を集めた、アルコール度数の低いソフトなRTDにも果実系のフレーバーが目立った。しかし、最近ではワインスプリッツァやハイボール、紅茶やラムネなどの果実系以外のフレーバーが追加され、注目を集めている。
 需要最盛期を迎え、新フレーバーやアイテムも出揃ってきた。進化を続けるRTD市場の競争は、ますます激化しそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示31ブランド】
  • キリン氷結(キリンビール)
  • キリン氷結ストロング(キリンビール)
  • キリン氷結ゼロ(キリンビール)
  • キリン本搾りチューハイ(キリンビール)
  • アサヒすらっと(アサヒビール)
  • アサヒ カクテルパートナー(アサヒビール)
  • アサヒ チューハイ果実の瞬間(アサヒビール)
  • アサヒ旬果搾り 爽感(アサヒビール)
  • チューハイ ハイリキ(アサヒビール)
  • アサヒ ハイリキ ザ・スペシャル(アサヒビール)
  • -196℃ ストロングゼロ(サントリー)
  • -196℃ ゼロドライ(サントリー)
  • -196℃ 無糖クリア(サントリー)
  • ほろよい(サントリー)
  • サントリーチューハイカロリ。(サントリー)
  • カクテルカロリ。(サントリー)
  • カクテルスムージー(サントリー)
  • こだわり果樹園のお酒(サントリー)
  • サッポロ ネクターサワー(サッポロビール)
  • CJおいしいマッコリ(サッポロビール)
  • すっきり果実のZERO(サッポロビール)
  • タカラcanチューハイ(宝酒造)
  • タカラ焼酎ハイボール(宝酒造)
  • タカラcanチューハイ 直搾り(宝酒造)
  • ウメッシュ(チョーヤ)
  • さらりとした梅酒(チョーヤ)
  • カルピスサワー(カルピス)
  • トップバリュ チューハイストロング(イオン)
  • トップバリュ カクテル(イオン)
  • トップバリュ ハイボール(イオン)
  • グレートバリュー ハイボール(西友)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年5月22日~24日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,050サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.