日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.08)
消費者調査 No.153 コーヒー飲料(2012年8月版)
ジョージア、BOSS、ファイア。熾烈なトップ争いは市場拡大の呼び水となるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 コーヒー飲料は、清涼飲料全体の4分の1を占める大きな市場です。その約7割を占める缶コーヒーの2011年の市場は、東日本大震災による資材や包材不足などにもかかわらず、前年比約1%増と底堅い成長をみせています。
 今回は、当社が任意に選んだコーヒー飲料19ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでも、前回(2011年8月)と同様、サントリーの「BOSS(ボス)」とコカ・コーラの「ジョージア」が首位を争い、「ワンダ(アサヒ飲料)」と「キリン ファイア(キリンビバレッジ)」が3位を争うという結果になった。
 首位グループの「BOSS」「ジョージア」は、3ヶ月以内購入率がぞれぞれ28.7%と29.3%と3割近いうえに、3ヶ月以内購入者ベースの今後の購入意向もそれぞれ93.4%、91.9%と極めて高い。幅広いユーザー層をしっかりとつかんでいるといえよう。
 「BOSS」「ジョージア」は、3位グループの「キリン ファイア」と「ワンダ」に、3ヶ月以内購入率や今後の購入意向などで倍近い差をつけており、上位2ブランドの優位は当面揺るぎそうにない。

 「BOSS」と「ジョージア」は、ともに20アイテムほどの幅広くアイテムを展開、さらに毎年のように新アイテムの追加やリニューアルを行って、ユーザーの維持・拡大につとめている。トップブランドを追う「キリン ファイア」「ワンダ」もペットボトルタイプの強化や朝専用ブラックコーヒーなど独自の路線を打ち出した商品を発売している。
 上位ブランドのこのような積極的な展開が、コーヒー市場の成長の原動力のひとつといえるだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示19ブランド】
  • BOSS(ボス)(サントリー)
  • ジョージア(日本コカ・コーラ)
  • キリン ファイア(キリンビバレッジ)
  • キリン ファイア ネオ(キリンビバレッジ)
  • タリーズコーヒー(伊藤園)
  • W coffee(伊藤園)
  • ワンダ(アサヒ飲料)
  • ルーツ(JTビバレッジ)
  • ドトール ファインブラック微糖(JTビバレッジ)
  • ポッカコーヒー(ポッカコーポレーション)
  • アロマックス(ポッカコーポレーション)
  • ビズタイム 冴えるブラック(ポッカコーポレーション)
  • 生粋(サッポロ飲料)
  • がぶ飲み ミルクコーヒー(サッポロ飲料)
  • サッポロ BLACK無糖コーヒー(サッポロ飲料)
  • UCC ミルクコーヒー(UCC上島珈琲)
  • UCC BLACK 無糖(UCC上島珈琲)
  • UCC THE CLEAR(UCC上島珈琲)
  • ダイドーブレンドコーヒー(ダイドードリンコ)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年6月11日~15日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,059サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.