保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2012.07)
消費者調査 No.151 栄養ドリンク・エナジードリンク(2012年7月版)
続々上陸エナジードリンク、人気No.1は?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2011年の国内の栄養ドリンク市場は約1,200億円で、前年比105%前後で堅調に推移しています。さらに、海外から清涼飲料カテゴリーの缶飲料で、エナジーチャージやパフォーマンスアップなどのイメージを訴求したエナジードリンクが続々上陸してきています。
 今回は、当社が任意に選んだ、普及価格帯を中心とした栄養ドリンクとエナジードリンク、計18ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「リポビタンD(大正製薬)」と「オロナミンC(大塚製薬)」という栄養ドリンクカテゴリーのロングセラーブランドが首位を競り合い、それに「デカビタC(サントリー)」が追いすがるという構図となった。
 「リポビタンD」と「オロナミンC」は、3位の「デカビタC」に購入経験で20ポイント以上、今後の購入意向で15ポイント以上の差をつけており、普及価格帯の代表的ブランドとしての存在感をみせた。
 しかし、ユーザーの満足度を示す指標である、購入者ベースの満足度をみると、「アサヒ ドデカミン エナジーコーラ ワイルドエディション(アサヒ飲料)」「モンスターエナジー(アサヒ飲料)」「レッドブル・シュガーフリー(レッドブル・ジャパン)」などのエナジードリンクが上位を占め、勢いを示した。
 2005年上陸の「レッドブル」に続き、2012年に入ってから「モンスターエナジー」「バーン エナジードリンク(日本コカ・コーラ)」などが発売されているエナジードリンク市場は、従来の栄養ドリンクに比べ、よりカジュアルなシーンでの飲用を訴求し、若年層や女性層にユーザーを拡げ、市場の活性化を促している。国内の栄養ドリンクメーカーも、より清涼飲料的な位置づけを狙った大容量化や、健康志向をにらんだ成分変更などの施策を打っており、内外入り乱れての競争が、一層の市場拡大につながるかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示18ブランド】
  • アサヒ ドデカミン エナジーコーラ ワイルドエディション(アサヒ飲料)
  • アサヒ ドデカミン(アサヒ飲料)
  • キリン アルギニンV(キリンビバレッジ)
  • デカビタC(サントリー)
  • リポビタンD(大正製薬)
  • バーン エナジードリンク(日本コカ・コーラ)
  • オロナミンCドリンク(大塚製薬)
  • タフマン(ヤクルト本社)
  • リアルゴールド(日本コカ・コーラ)
  • メガシャキ(ハウス食品)
  • レッドブル・エナジードリンク(レッドブル・ジャパン)
  • レッドブル・シュガーフリー(レッドブル・ジャパン)
  • ロックスター・エナジードリンク(モルソン・クアーズ・ジャパン)
  • モンスターエナジー(アサヒ飲料)
  • モンスターカオス(アサヒ飲料)
  • マッドクロック(OC Style)
  • シャークエナジードリンク(アンタレスコーポレーション)
  • ビーストアイ・エナジードリンク(ギガッツ合同会社)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年6月11日~15日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,059サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.