日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.06)
消費者調査データ No.149 ノンアルコール飲料(2012年6月版)
拡大するノンアルコール市場をリードするのは?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 ノンアルコール飲料の市場は、2008年からの3年間で10倍以上に拡大、2012年も伸びが予想されています。当初市場をリードしたのはビールテイスト飲料でしたが、最近ではカクテルテイストや梅酒テイストのノンアルコール飲料も発売され、注目を集めています。
 今回は、当社が任意に選んだノンアルコール飲料13ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「キリンフリー(キリンビール)」が8項目中6項目で首位を獲得した。「キリンフリー」に続くのは、「サントリー オールフリー(サントリー)」、「アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)」で、ビールテイスト飲料のブランドが上位を占めている。
 2012年2月発売の「アサヒ ドライゼロ」は、まだ新しい商品ながらドライブランドの知名度を活かし、2009年発売の「キリンフリー」、2010年発売の「サントリー オールフリー」を追撃、ユーザーの満足度を示す指標である購入者ベースの今後の購入意向で首位となるなど、健闘している。
 カクテルテイストのノンアルコール飲料では、2011年10月発売の「のんある気分(サントリー)」、2010年9月発売の「アサヒ ダブルゼロカクテル(アサヒビール)」などが含まれるが、両ブランドとも満足度が高いことが特徴で、今後の伸長が期待される。

 ノンアルコール飲料市場は、2012年も二桁の伸びが予想されている。なかでも、拡大余地が大きいとみられているチューハイ・カクテルテイスト市場には、2012年7月にキリンビールとサッポロビールも新ブランド投入を予定しており、シェアトップのサントリーに挑む。
 成長する市場に、各社ともさまざまなコンセプトのブランドや新アイテムを積極的に投入している。めまぐるしく変化する市場から目が離せない状況が続きそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示13ブランド】
  • キリンフリー(キリンビール)
  • 休む日のAlc. 0.00%(キリンビール)
  • アサヒドライゼロ(アサヒビール)
  • アサヒダブルゼロ(アサヒビール)
  • アサヒダブルゼロカクテル(アサヒビール)
  • オールフリー(サントリー)
  • のんある気分(サントリー)
  • サッポロプレミアムアルコールフリー(サッポロビール)
  • バクラー(ハイネケンジャパン)
  • ホッピー(ホッピービバレッジ)
  • チューハイテイストAlc. 0.00%(サンガリア)
  • トップバリュバーリアルアルコールフリー
  • トップバリュバーリアル3つのフリー

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年5月8日~11日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,049サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.