保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2012.05)
消費者調査データ No.146 発泡酒(2012年5月版)
縮む市場に君臨する淡麗
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年第1四半期のビール類の出荷量は前年同期比0.8%のプラスとなりましたが、同時期の発泡酒の出荷量は同8.8%のマイナスとなりました。2012年4月も前年同月比18.4%減と、第三のビールやRTD、ノンアルコールビールにおされて、市場の縮小に歯止めがかからない状況です。
 今回は、当社が任意に選んだ発泡酒10ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでも、前回と同様、全項目でキリンの「淡麗<生>」が首位、「淡麗グリーンラベル」が2位となった。「淡麗<生>」「淡麗グリーンラベル」に続くのは「アサヒスタイルフリー(アサヒビール)」だが、2位には認知率で18.9ポイント、広告接触で15.2ポイント、店頭接触で20.1ポイントなど大差をつけられている。
 また、ユーザーの満足度を示す指標である、購入者ベースの今後の購入意向についてみると、首位の淡麗が53.3%、「淡麗グリーンラベル」が48.4%、「アサヒスタイルフリー」が46.6%と、それぞれファンを獲得していることがわかるが、ビールのランキングにおける満足度(トップの「アサヒスーパードライ(アサヒビール)」が66.3%、2位の「ザ・プレミアム・モルツ(サントリー)」が63.6%)と比較すると全体的に数値は低い傾向にあり、ブランド固定度はビールに比べて低いことがうかがえる。

 発泡酒市場がシュリンクを続けるなか、ビール各社の対応も、シェアトップのキリンビールが積極的な展開を維持すると表明しているのに対し、アサヒビール、サントリー、サッポロビールは、縮小の方向を打ち出している。縮小する市場で「淡麗」ファミリーの独走は今後も続きそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示10ブランド】
  • 麒麟淡麗<生>(キリンビール)
  • 淡麗グリーンラベル(キリンビール)
  • 淡麗ダブル(キリンビール)
  • キリンゼロ<生>(キリンビール)
  • アサヒスタイルフリー(アサヒビール)
  • アサヒ本生ドラフト(アサヒビール)
  • アサヒ本生アクアブルー(アサヒビール)
  • サントリーMDゴールデンドライ(サントリー)
  • サントリーダイエット<生>(サントリー)
  • サッポロ北海道生搾り(サッポロビール)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年5月8日~11日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,049サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.