日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.132 低アルコール飲料(2011年11月版)
シェアトップ「氷結」を「カロリ。」「ほろよい」の2ブランド体制でサントリーが追う
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 RTD(Ready to Drink:そのまますぐ飲める)と呼ばれる缶入りのチューハイやハイボールなどの低アルコール飲料は、アルコール離れがいわれるなかでも持続的な成長分野となっています。
 今回は、当社が任意に選んだ缶入り低アルコール飲料32ブランドについて、「知っている(認知率)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2011年6月)、前々回(2010年)に続いて「キリンチューハイ氷結(キリンビール)」が圧倒的な強さを示した。「キリンチューハイ氷結」は、認知、店頭接触、購入経験、3ヶ月以内購入、1ヶ月以内購入、今後の購入意向などの項目で首位を獲得、特に、購入経験では2位に14.5ポイント、今後の購入意向では6.8ポイントの差をつけた。
 「氷結」に続くのは、「ほろよい(サントリー)」「サントリーチューハイ カロリ。(以下カロリ。サントリー)」「ウメッシュ(チョーヤ)」などである。「ほろよい」は1ヶ月以内購入で2位、購入者の満足度を示す指標である、購入者ベースの今後の購入意向で1位を獲得、「カロリ。」は購入経験で2位、店頭接触で3位を獲得するなど、2ブランド体制で追い上げている。

 RTD各社は、『低アルコール・低カロリー・弱刺激』などのライト層・入門層向けの商品を充実させてきたが、ここ最近はさらに、季節感のある果実、紅茶、乳酸飲料系、コーラやソーダなどフレーバーを多様化させ、需要拡大を狙っている。さまざまなトレンドを取り込み、2011年も拡大が予想されるRTD市場で、ユーザー獲得のための競争が続けられる。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示32ブランド】
  • サントリー ‐196℃こだわり果樹園シリーズ
  • サントリー ‐196℃「ゼロドライ」
  • サントリー ‐196℃「ストロングゼロ」
  • サントリー サントリーチューハイ「カロリ。」
  • サントリー サントリーチューハイ「カクテルカロリ。」
  • サントリー ほろよい
  • サントリー サントリー 角ハイボール
  • サントリー サントリー トリスハイボール
  • キリンビール 氷結
  • キリンビール 氷結早摘みシリーズ[糖質50%オフ]
  • キリンビール 氷結ストロング
  • キリンビール 氷結ゼロ
  • キリンビール キリン本搾りチューハイ
  • キリンビール コーラショック
  • キリンビール 世界のハイボール
  • キリンビール スミノフアイス
  • アサヒビール 旬果搾り 爽感
  • アサヒビール ハイリキ
  • アサヒビール Slat
  • アサヒビール 果実の瞬間
  • アサヒビール カクテルパートナー
  • 宝酒造 タカラcanチューハイ 「直搾り」
  • 宝酒造 タカラcanチューハイ 「レモン」
  • 宝酒造 TaKaRa「焼酎ハイボール」
  • 宝酒造 TaKaRa「おいしいチューハイ」
  • 宝酒造 南高梅梅酒ソーダ
  • チョーヤ ウメッシュ
  • チョーヤ さらりとした梅酒
  • カルピス カルピスサワー
  • クアーズ ZIMA
  • サッポロビール ネクターサワー
  • プライベートブランド

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年9月27日~30日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,031サンプル
サンプル構成(%)



会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.