日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2011.08)
消費者調査データ No.122 コーヒー飲料(2011年8月版)
ジョージア、BOSSに続くブランドは?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 コーヒー飲料は、清涼飲料全体の4分の1を占める大きな市場です。ペットボトルが主流の他の清涼飲料と違い、缶入りの商品が約7割を占めていますが、近年はカップ容器入りのチルドコーヒーなどが登場し、それに伴って多様なブランドが登場しています。
 今回のランキングは、当社が任意に選んだコーヒー飲料15ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「BOSS(サントリーフーズ)」が8項目中7項目で首位を獲得、それを「ジョージア(日本コカ・コーラ)」が小差で追うという形となった。
 「BOSS」は、認知率、広告接触、店頭接触、1ヶ月以内の購入、今後の購入意向、1ヶ月以内購入者ベースの今後の購入意向などで首位となったが、広告接触以外の6項目では、2位の「ジョージア」との差が5ポイント以内という激戦となり、缶コーヒー市場のトップと2番手の激しい競争をうかがわせる結果となった。
 3位グループには「キリンファイア(キリンビバレッジ)」「ワンダ(アサヒ飲料)」が入っているが、トップグループとの差をみると、購入経験で17.8ポイント、今後の購入意向で14.3ポイントと大きく水をあけられている。
 上位2ブランドが安定的な強さをほこるコーヒー飲料の市場だが、1ヶ月以内購入者ベースの今後の購入意向をみると、15ブランド中、13ブランドが80%を超えており、ブランド固定のファンが多い市場であることがわかる。

 2010年のコーヒー飲料の市場は、不況の影響による職域での自動販売機の不振や節約志向などにより、前年比で98%とマイナス成長であった。2011年も、東日本大震災による生産設備や流通への影響が加わり、大幅な成長は望めないとみられている。厳しい環境のなかで高いロイヤリティをもつ上位ブランドの切り崩しは容易ではない。「ジョージア」「BOSS」の2トップ体制は当面続きそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示15ブランド】
  • BOSS(ボス)(サントリー)
  • ジョージア(日本コカ・コーラ)
  • キリン ファイア(キリンビバレッジ)
  • タリーズコーヒー バリスタズチョイス(伊藤園)
  • ワンダ(アサヒ飲料)
  • ルーツ(JTビバレッジ)
  • ポッカコーヒー(ポッカコーポレーション)
  • アロマックス(ポッカコーポレーション)
  • 生粋(サッポロ飲料)
  • がぶ飲み ミルクコーヒー(サッポロ飲料)
  • UCC ミルクコーヒー(UCC )
  • UCC BLACK 無糖(UCC )
  • ダイドーブレンドコーヒー(ダイドードリンコ)
  • ブレンディ ボトルコーヒー(味の素ゼネラルフーヅ)
  • ネスカフェ エクセラ(ネスレ日本)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年7月28日~8月1日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,057サンプル
サンプル構成(%)



会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.