保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2011.05)
消費者調査データ No.114 ビール(2011年5月版)
上位ブランドへの固定化すすむビール市場
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2011年4月のビール出荷量は、前年同月比5.2%増の2,036万ケースとなりました(ビール各社発表)。家庭向けの出荷量が伸びたことから、東日本大震災の影響で同5.3%減となった3月からは急回復したものの、外食向けは自粛ムードの影響などで回復が遅れています。
 今回は、当社が任意に選んだビール18ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2010年3月版)に引き続き「アサヒ スーパードライ(アサヒビール)」が強さをみせ、「ヱビスビール(サッポロビール)」「サントリー ザ・プレミアムモルツ(サントリー)」のプレミアムビールが続く結果となった。
 「アサヒ スーパードライ」は、認知率でこそ「キリン ラガービール(キリンビール)」に僅差で首位を譲ったものの、広告接触、店頭接触、購入経験、1ヶ月以内購入、今後の購入意向などの項目で首位を獲得した。特に1ヶ月以内購入では2位の「キリン 一番搾り生ビール(キリンビール)」に12.0ポイントの差をつけるなど、トップブランドの貫禄を示した。
 前回好調だったプレミアムビールは、「ヱビスビール(サッポロビール)」が広告接触で2位、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」で3位。「サントリー ザ・プレミアムモルツ(サントリー)」は、広告接触で4位、再購入意向で2位につけており、広告効果にも支えられながら、堅調な人気をみせている。
 また、各ブランドの固定ファンの状況を示す、「1ヶ月以内購入者の今後の購入意向」をみると、「アサヒ スーパードライ」の95.3%を筆頭に上位6ブランドがほぼ9割という高い数字を出しており、ブランドの固定化がすすんでいることがわかる。

 ビール市場は、若者のアルコール離れや第3のビールなどへのシフトにより、長期的に縮小の傾向にある。縮む市場のなかで、ユーザーは上位ブランドへの固定化を強めており、ブランドの優勝劣敗、淘汰は今後もすすんでいくとみられ、固定ファンをいかに獲得し、育成していくかが生き残りの鍵となるだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示18ブランド】
  • キリンラガービール
  • キリンクラシックラガー
  • キリン一番搾り生ビール
  • キリン一番搾りスタウト
  • アサヒスーパードライ
  • アサヒ黒生
  • アサヒプレミアム生ビール熟撰
  • アサヒオリオンドラフト
  • サッポロ生ビール黒ラベル
  • サッポロラガービール
  • ヱビスビール
  • ヱビス<ザ・ブラック>
  • ヱビス<ザ・ホップ>
  • シルクヱビス
  • サントリーザ・プレミアム・モルツ
  • サントリーモルツ
  • ハイネケン
  • バドワイザー

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年5月26日~5月30日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,052サンプル
サンプル構成(%)



会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.