日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.10)
消費者調査 No.106 ミネラルウォーター(2010年10月版)
「価格」か「環境」か 混戦のミネラルウォーター市場
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 ミネラルウォーターの市場は、近年拡大を続けてきました。2009年には9年ぶりに前年割れとなりましたが、2010年は夏の猛暑をきっかけに持ち直しの動きがみえています。
 今回は、2,000億円市場であるミネラルウォーターについて、当社が任意に選んだ20ブランドの「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。
 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」は、2ポイント以内に3ブランドがひしめく混戦となったが、伊藤園の「エビアン」、アサヒ飲料の「六甲のおいしい水」、キリンビバレッジの「ボルヴィック」の順となった。
 一方、「買ったことのある(購入経験率)」は、アサヒ飲料の「六甲のおいしい水」、伊藤園の「エビアン」、キリンビバレッジの「ボルヴィック」と、認知率の顔ぶれが2ポイント以内の僅差でならんでいる。
 「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」のトップ3は、認知率で5位、購入経験率で6位ながら日本コカ・コーラの「い・ろ・は・す」、セブンプレミアムの「セブンプレミアム 天然水」、ダイドードリンコの「大地が磨いたきれいな水」の順にとなった。
 また、サントリーの「サントリー天然水」は3項目すべてで4位を獲得している。
 再購入意向上位のうち、日本コカ・コーラの「い・ろ・は・す」は、植物素材で国内最軽量かつ「絞れる」ことを前面に打ち出したペットボトルを使用し、「エコボトル」を 訴求、「サントリー天然水」は採水地周辺に「天然水の森」を設け、水質と安全を守る活動を行うなど、ともに「環境」を打ち出した商品となっている。
 また、セブンプレミアムの「セブンプレミアム 天然水」は、認知率・購入経験率で共に17位であるにもかかわらず、再購入意向で2位につけている。「セブンプレミアムの「セブンプレミアム 天然水」は、500mlで78円と、メーカーのナショナルブランドに比べて価格面でのアドバンテージを実現している。
 ミネラルウォーターは、差別化の難しい商品であるだけに、価格競争も熾烈で、ロングセラーブランドの「六甲のおいしい水」も価格競争の結果、ハウス食品からアサヒ飲料に売却されている。厳しい市場環境の中で、「い・ろ・は・す」や「サントリー天然水」などが訴求する「環境」「エコ」は、価格競争から逃れるためのひとつのキーワードとなりうるものかもしれない。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示20ブランド】
  • 富士山のバナジウム天然水(アサヒ飲料)
  • 酸素水(アサヒ飲料)
  • エビアン(伊藤園)
  • ボルヴィック(キリンビバレッジ )
  • ゲロルシュタイナー(サッポロ飲料)
  • サントリー天然水(サントリー)
  • Contrex(サントリー)
  • Vittel(サントリー)
  • miu(ダイドードリンコ)
  • 大地が磨いたきれいな水(ダイドードリンコ)
  • 天然名水出羽三山の水(ブルボン)
  • クリスタルガイザー(大塚ベバレジ)
  • 経口補水液 OSー1(大塚製薬)
  • 日田天領水(日田天領水)
  • い・ろ・は・す(日本コカ・コーラ)
  • 森の水だより(日本コカ・コーラ)
  • 六甲のおいしい水(アサヒ飲料)
  • トップバリュ ミネラルウォーター(トップバリュ)
  • セブンプレミアム 天然水(セブンプレミアム)
  • バリューライン ミネラルウォーター(バリューライン)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年6月30日~7月20日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,034サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.