日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.06)
消費者調査 No.98 カップめん(2010年6月版)
強い「カップヌードル」
乱戦市場に定着はかる健康志向の新製品
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 インスタント麺は、1958(昭和33)年、日清食品が「チキンラーメン」を販売したのが、最初となります。ラーメンをお湯をかけて数分で食べることができる「インスタントラーメン」は、日本の20世紀の最大の発明ともいわれそれ以後、すっかり日本の食卓に定着しています。
 社団法人日本即席食品工業協会によると、2009年度のカップめん(インスタントラーメン)は年間生産数量は、33億5,376万食です。同協会では、JAS製品のインスタントラーメンの銘柄は1,114銘柄あり、まさしく群雄割拠の様相となっています。
 今回は、カップめんについて、当社が任意に選んだ26ブランドの「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」「買ったことのある(購入経験率)」「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」は、いずれも日清食品の「カップヌードル」が獲得、とくに「購入経験率」は、2位と30ポイント近く引き離し、リーディング商品の強さをみせつけた。
 また、「再購入意向」は、2位に日清食品の「贅沢麺達」、4位に東洋水産の「四季物語」、5位に日清食品の「カップヌードル ライト」などの新製品がランクインしており、今後の躍進が期待される。
 これらの新商品のうち、日清食品の「贅沢麺達」は「カップヌードル ライト」は、ノンフライ麺でカロリーオフを特徴としており、東洋水産の「四季物語」は、シーズン毎に違う味を発売していくというコンセプトの元に展開されている。
 大手メーカーの新商品がファンを獲得しつつある一方で、PBも着実に順位を上げてきている。前回(2009年)のランキングでは認知率では20位外だった「セブンプレミアム(セブン&アイ)」「トップバリュ(イオン)」がそれぞれ14位と16位に入り、再購入意向では「セブンプレミアム」が7位、「バリューローソン」が8位と大手メーカーの商品に互して健闘している。

 健康志向や価格重視に乗ったPBの伸長など、大手メーカーのカップめんには逆風といえるトレンドが続いているなかで、メーカー各社は「カロリーオフ」や「ノンフライ」など健康志向にマッチした商品開発やアイテム追加による陳腐化の回避など、消費者のニーズをつなぎとめるべくさまざまな商品を発売している。乱戦市場で定着できるのはどのような商品か。今後のゆくえが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示26ブランド】
  • カップヌードル(日清食品)
  • カップヌードル ライト(日清食品)
  • チキンラーメン(日清食品)
  • 太麺堂々(日清食品)
  • 贅沢麺達(日清食品)
  • サッポロ一番(サンヨー食品)
  • サッポロ一番 カップスター(サンヨー食品)
  • 一平ちゃん(明星食品)
  • 地域の名店(明星食品)
  • 広東拉麺(テーブルマーク)
  • ホームラン軒(テーブルマーク)
  • 金ちゃんヌードル(徳島製粉)
  • 焼豚ラーメン(サンポー食品)
  • スーパーカップ1.5倍(エースコック)
  • いろは亭 (エースコック)
  • ペヤング ヌードル(まるか食品)
  • 麺づくり(東洋水産)
  • 昔ながらの中華そば(東洋水産)
  • カレーな饗宴(東洋水産)
  • 新二刀流(東洋水産)
  • 四季物語(東洋水産)
  • 本店の味(寿がきや)
  • セブンプレミアムのカップラーメン(セブンプレミアム)
  • トップバリュのカップラーメン(トップバリュ)
  • バリューローソンのカップラーメン(バリューローソン)
  • 100円ショップのカップラーメン(ショップ99・ダイソーなど)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年5月19日~5月21日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,028サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.