保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2010.02)
消費者調査 No.85 カレールウ(2010年2月版)
カレーはハウス 
しかし脅威な存在となりつつあるプライベートブランド
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 カレーは、家庭での登場回数は月2.5回(出所:S&B食品ホームページ)と家庭の人気メニューとなっています。また、内食回帰や「朝カレー」という言葉が登場するなど、カレーにスポットがあびることが多くなってきています。
 そんな注目をあびているカレールウについて、今回は当社が任意に選んだカレールウ17ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」のトップ3は、ハウスの「バーモントカレー」「こくまろカレー」「ジャワカレー」の順序となり、カレールウ市場において、「ハウス」の強さを見せつけた形となった。
 しかし、購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)のトップは、エバラの「横濱舶来亭カレーフレーク」となった。「横濱舶来亭カレーフレーク」は、購入経験率では12位で購入者の母数は87人と相対数は少ないが、確実にリピーターを形成しファン層の獲得に繋げた商品の一例として捉えることが出来る。
 また、プライベートブランド商品(PB)である「セブンプレミアム」が2位、「イオントップバリュ」が7位とメーカー商品(NB)と並び善戦している。
 カレールウが含まれる調味料・加工食品は、価格が上昇すると、PB商品を購入する傾向が高くなるという当社のデータがある(食品価格とPB)。そのため、メニューとしてカレーの登場回数が多い分、カレールウを節約したいという消費者の節約志向に一致した結果、PBのカレールウの再購入意向が高くなったものと思われる。
 節約志向に対抗するメーカーは「横濱舶来亭カレーフレーク」の様に、形状をフレーク状にしたり、または、二重形状や液状など新しい形状、カロリーオフなど多様な方策で迎え撃つ構えである。消費者の内食回帰を追い風にしつつ、辛口スパイスの利いたカレーの如くブランド競争が熱くなっている。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示17ブランド】
  • ハウス バーモントカレー
  • ハウス プライムバーモントカレー
  • ハウス ジャワカレー
  • ハウス プライムジャワカレー
  • ハウス こくまろカレー
  • S&B ゴールデンカレー
  • S&B とろけるカレー
  • S&B カレーハーフ とろけるカレー
  • S&B 王室料理人の 地中海カレー
  • S&B 世界の食卓から
  • S&B ディナーカレー
  • S&B カレーの王子様
  • グリコ 2段熟カレー
  • グリコ ZEPPIN カレー
  • エバラ 横濱舶来亭カレーフレーク
  • イオン トップバリュ カレールウ
  • セブンプレミアム カレールウ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年1月26日~1月29日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,046サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.