保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2010.02)
消費者調査 No.84 ヨーグルト(2010年2月版)
ブルガリアヨーグルトが三冠達成 
追随するブランドはカップヨーグルトで対抗
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 ヨーグルト市場は、「明治乳業」「森永乳業」「MEGMILK」など乳業メーカーの独断場でしたが、2009年には「大塚チルド食品」が大豆を原料とした「スゴイダイズヨーグルト」を販売し、乳業業界を超えた競争が繰り広げられるようになってきました。
 今回は、当社が任意に選んだヨーグルト20ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」のトップは、すべて、明治乳業の「ブルガリアヨーグルト」が獲得した。ブルガリアヨーグルトの市場での強さを見せつけた形となり、ヨーグルトの定番ブランドとしての地位を確実にしつつある。
 2009年3月に発売した「ブルガリアヨーグルトLB81そのままで」は、再購入意向で3位となり、トップブランドの「ブルガリア」を最大限利用していることが推測される。
 一方、再購入意向の上位5位は、明治乳業以外のブランドだと、2位に森永乳業の「アロエヨーグルト」、5位にダノンの「BIO」が入っており、いずれもカップタイプのヨーグルトが上位に食い込み、健闘が目立った。

 最近、コンビニスイーツと呼ばれるコンビニで販売されるデザートが人気を集めている。コンビニのスイーツは売れ行き不振の弁当などを尻目に、不況下でも販売数が増えているのが現状である。そんな現状を背景に、「アロエヨーグルト」や「BIO」に代表されるカップヨーグルトが着目されたものと思われる。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示20ブランド】
  • 明治 ブルガリアヨーグルト
  • 明治 ブルガリアヨーグルトLB81
  • 明治 プロビオヨーグルトLG21
  • MEGMILK ナチュレ恵megumi
  • MEGMILK 生きて届けるビフィズス菌ヨーグルト
  • MEGMILK 牧場の朝ヨーグルト
  • 森永ヨーグルト
  • 森永 アロエヨーグルト
  • 森永 ビヒタスヨーグルト
  • 森永 ラクトフェリンヨーグルト
  • ダノン BIO
  • ダノン ダノンヨーグルト
  • チチヤス チチヤスヨーグルト
  • 小岩井 まきばヨーグルト
  • 小岩井 生乳100%ヨーグルト
  • タカナシ おなかの赤ちゃんとママのタカナシLGG ヨーグルト   
  • 大塚チルド スゴイダイズヨーグルト
  • 生協 プレーンヨーグルトビフィズス
  • イオントップバリュ ヨーグルト
  • セブンプレミアム ヨーグルト

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年1月26日~1月29日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,046サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.