日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.02)
消費者調査 No.82 スナック菓子(2010年2月版)
苦戦する新商品  定番商品の切り崩しのヒントは巣ごもり消費の取り込みか!?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 節約意識などからくる内食需要の高まりをうけ、巣ごもり消費の代表例であるスナック菓子は、堅調に推移しています。
 今回は、任意に選定した20ブランドのスナック菓子について「知っている(認知率)」「買ったことのある(購入経験率)」「再購入意向」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」「買ったことのある(購入経験率)」は、共に、カルビーの「かっぱえびせん」「ポテトチップス」「じゃがりこ」がTOP3を独占し、上位集中化の傾向がみられた。
 一方、2009年度発売の新商品をみると、最上位は、認知率が、ハウスの「こんがりポテト」で15位、購入経験率が、湖池屋の「ポテトチップス(プレミアム味)」の17位と苦戦している。
 その中で、着目すべき動きを見せたのが、2008年発売のグリコの「チーザ」である。「チーザ」は、認知率、購入経験率、共に14位であるが、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」で、2位にランクインした。今後の購入率の伸びが期待できるものと推測される。
 「チーザ」は、飲食店ではなく自宅で飲む、いわゆる宅飲みをターゲットにし、巣ごもり消費時代のスナック菓子ニーズを見事に捉えているといえるかもしれない。

 大手メーカーが取引先やマスコミ向けに発表した2009年の営業方針では、「定番強化」という発言が相次いだ。その言葉通り、2009年のスナック菓子の新製品の発売数は、対前年比で11%減少している。
 消費不況乗り切りの切り札は各メーカーや流通とも「定番商品」という状況下で、いかに独自の食シーンを獲得し、ファンを育成するかが生き残りの鍵となりそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示20ブランド】
  • カルビー ポテトチップス
  • カルビー かっぱえびせん
  • カルビー ジャガビー
  • カルビー じゃがりこ
  • カルビー ギザギザポテト
  • カルビー サッポロポテト
  • 湖池屋 ポテトチップス
  • 湖池屋 ポテトチップス(プレミアム味)
  • 湖池屋 カラムーチョ
  • 明治製菓 カール
  • 明治製菓 ガリレオ
  • 森永製菓 おっとっと
  • グリコ チーザ
  • グリコ クラッツ
  • グリコ かるじゃが
  • ナビスコ チップスター
  • ナビスコ コーンチップ
  • ハウス とんがりコーン
  • ハウス オー・ザック
  • ハウス こんがりポテト
  • その他のスナック菓子

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年1月26日~1月29日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,046サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.