日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2009.04)
カップめん(2009年版)
独走のカップヌードル、地歩固めるPB
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 カップめんは、年間30億食を超える(データ:(社)日本即席食品工業協会)市場だが、2008年、この巨大な市場は穀物や原油などの原料高に揺れ、約7%縮小した。
 今回は、全国区で発売されているカップめん(ラーメン、うどん・そば)について、当社のインターネットモニターに行った調査結果を、ランキング形式でお届けします。

 前回(2004年)のランキングでは、日清食品の「カップヌードル」が全項目で首位を独占したが、今回のランキングでも「カップヌードル」が強さをみせた。
 「カップヌードル」は、「知っている(認知率)」でこそ同じく日清の「チキンラーメン」に僅差で首位を譲ったが、「6ヶ月以内に店頭でみた(店頭認知)」「今後(も)食べたい」など残り6項目では全て首位を獲得した。特に「6ヶ月以内に食べた」「6ヶ月以内にもっとも多く食べた」「今後もっとも食べたい」では、2位以下に20%近い差をつけ、追随を許さない。
 さらに、「カップヌードル」以外の日清食品のブランドも、「どん兵衛」「チキンラーメン」が全ての項目で5位以内に入るなど、トップメーカーとして厚い商品構成となっている。
 日清食品以外では、東洋水産の「赤いきつね・緑のたぬき」が「6ヶ月以内にもっとも多く食べた」「今後もっとも食べたい」でそれぞれ2位となるなど、発売30年を超えるロングセラーならではの根強いファン層がみられる。
 また、消費者の生活防衛意識を背景に売上を伸ばしているプライベートブランド(PB)の商品も、有名メーカー商品に互してランク入りを果たしている。イオンのトップバリュは「6ヶ月以内に食べた」「6ヶ月以内にもっとも多く食べた」でそれぞれ9位と5位という一桁にランクインし、セブン&アイの「セブンプレミアム」も、6ヶ月以内の購入者ベースで63.6%が「今後も食べたい」と答えるなど、一定レベルのファンの獲得に成功している。

 2008年の値上げラッシュも落ち着き、メーカー各社が積極的な新商品投入を図っていることもあり、2009年のカップ麺市場は回復基調にあるといわれている。しかし、景況感の悪化からくるユーザーの節約意識の高まりや、PBの攻勢も予想され、「国民食」ともいわれるカップ麺の競争は、たとえ大型ブランドといえども予断を許さないといえるだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






【提示38ブランド】
  • チキンラーメン(日清食品)
  • カップヌードル(日清食品)
  • 日清のどん兵衛(日清食品)
  • 日清麺職人(日清食品)
  • 行列のできる店のラーメン(日清食品)
  • 日清中華(日清食品)
  • 日清ラ王(日清食品)
  • 日清のごんぶと(日清食品)
  • 日清デカ王(日清食品)
  • 日清の江戸そば/ 京うどん(日清食品)
  • GooTa[グータ] (日清食品)
  • スープヌードル(日清食品)
  • 赤いきつね・緑のたぬき(東洋水産)
  • 麺づくり(東洋水産)
  • ホットヌードル(東洋水産)
  • 匠(東洋水産)
  • 昔ながらの中華そば(東洋水産)
  • 激めん(東洋水産)
  • 明星チャルメラカップ(明星食品)
  • 明星一平ちゃん(明星食品)
  • 明星究麺(きわめん)(明星食品)
  • エースコックワンタンメン(エースコック)
  • わかめラーメン(エースコック)
  • スーパーカップ(エースコック)
  • サッポロ一番カップスター(サンヨー食品)
  • サッポロ一番どんぶり(サンヨー食品)
  • サッポロ一番ポケモンヌードル(サンヨー食品)
  • 長崎ちゃんぽん(マルタイ)
  • ホームラン軒(加ト吉)
  • 東北ご当地シリーズ(加ト吉)
  • 広東拉麺(加ト吉)
  • トップバリュのカップ麺
  • セブンプレミアムのカップ麺
  • セービングのカップ麺
  • ファインセレクトのカップ麺
  • グレートバリューのカップ麺
  • グッドアイのカップ麺
  • UUCSのカップ麺

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2009年4月10日~14日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:632サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.