日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.262
カレールウ(2018年1月版)
バーモント、ゴールデン、こくまろ......主力商品が上位を独占





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2015年のカレールウの生産量は、前年比0.5%増で2年連続のプラスとなりました。

 今回は、当社が任意に選んだカレールウ24ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)」での接触状況(3ヶ月内店頭接触)、「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)買いたいと思う(今後購入意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査では、再購入意向を除く6項目でハウス食品の「バーモントカレー」が1位となり、同じくハウスの「こくまろカレー」や「ジャワカレー」を加えて、5項目で1位から3位までをハウス製品が占める結果となった。1963年発売の「バーモントカレー」は、7項目中5項目で2位に10ポイント以上の差をつけた。唯一首位を譲った再購入意向の項目でも、首位の「ゴールデンカレー(エスビー食品)」との差はわずか0.7ポイントで、圧倒的なブランド力といえる。

 5項目で2位を獲得したのは「こくまろカレー」である。前回(2012年4月版)調査でも1位を1項目、2位を5項目で獲得した同商品は、「バーモントカレー」に次ぐ柱商品として定着している。

 エスビー食品の「ゴールデンカレー」は、再購入意向で僅差ながら首位、6項目で4位を獲得し、ロングセラーらしい手堅い強さをみせた。

 また、昨年発売され、好調が伝えられているたペーストタイプのカレールウ「きわだちカレー(ハウス食品)」は、再購入意向で10位に入り、今後の成長が注目される。

 カレールウ市場は少子高齢化や価格志向を受けて、ダウントレンドが続いていたが、2017年は、メーカー各社の主力商品へのテコ入れや、少人数家庭、大人向け商品などの開発により、堅調さを取り戻しつつあり、今後の展開が注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。









【提示24ブランド】
  • バーモントカレー(ハウス食品)
  • プライムバーモントカレー(ハウス食品)
  • 印度カレー(ハウス食品)
  • ジャワカレールウ(ハウス食品)
  • プライムジャワカレー(ハウス食品)
  • ザ・カリー(ハウス食品)
  • こくまろカレー(ハウス食品)
  • きわだちカレー(ハウス食品)
  • スープカリーの匠(ハウス食品)
  • カフェカレ(ハウス食品)
  • ゴールデンカレー(S&B食品)
  • ディナーカレー(S&B食品)
  • とろけるカレー(S&B食品)
  • フライパンキッチン(S&B食品)
  • おいしさギューッととけ込むカレー(S&B食品)
  • 直火釜焙煎カレーフレーク(S&B食品)
  • プレミアム熟カレー(江崎グリコ)
  • ZEPPIN(江崎グリコ)
  • 横濱舶来亭カレーフレーク(エバラ食品)
  • オリエンタルカレー(オリエンタル)
  • マスコット 印度の味(マスコット)
  • ハインツカレーの素(ハインツ)
  • セブンプレミアム コクと旨みの味わいカレー(セブン&アイ)
  • トップバリュのカレールウ(イオン)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年11月16日~21日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:990サンプル
サンプル構成(%)


データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.