日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2017.09)
消費者調査 No.254
スナック菓子(2017年9月版)
上位独占のカルビー、特需のカール


本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料で会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 スナック菓子の市場は、4年連続でプラス成長を続けてきましたが、2016年は前年比99.6%(金額ベース・日本スナックシリアルフーズ協会)となりました。

 今回は、当社が任意に選んだスナック菓子30ブランドについて、「知っている(認知率)」、「食べたことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)飲みたいと思う」(今後意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査では、前回(2016年10月版)と同様、カルビーの「ポテトチップス」「かっぱえびせん」「じゃがりこ」が上位を独占、特に「ポテトチップス」は全項目で首位となっただけでなく、3ヶ月内購入では33%で2位の「じゃがりこ」に13ポイント差、今後の購入意向が51%で同じく「じゃがりこ」に18ポイント差をつけており、トップブランドの強さをみせた。「ポテトチップス」以外のカルビー製品では、「じゃがりこ」が4項目で2位を、「かっぱえびせん」が2項目で2位を獲得した。

 今年5月に、東日本での販売終了が発表された明治の「カール」は、3ヶ月内購入で前回の12位から6位に大きく順位を上げ、特需ともいう状況になった。

 少子化や健康志向の強まりに加え、昨年は天候不順で原材料の北海道産のじゃがいもが大きな打撃を受けるなど、スナック市場を取り巻く状況は厳しい。先の「カール」や、8月で販売終了を迎える「ピックアップ(明治)」などに象徴されるように、時代に取り残されれば、ロングセラーといえども安泰とはいえない。カルビーは昨年、成型ポテトチップス「ポテトチップスクリスプ」を発売してポテトスナックのランナップを拡充、湖池屋は9月からプレミアムポテトチップスの「プライドポテト」の拡充や、ロングセラー商品「カラムーチョ」のプレミアムラインの発売を行う。日本人の食生活に深く馴染んだスナック菓子が、今後どのような進化をとげるのかが注目される。

【グラフを見る】(有料会員向け)



【提示30ブランド】
  • ポテトチップス(カルビー)
  • ポテトチップスクリスプ(カルビー)
  • サッポロポテト(カルビー)
  • かっぱえびせん(カルビー)
  • じゃがりこ(カルビー)
  • Jagabee[じゃがビー](カルビー)
  • Vegips[ベジップス](カルビー)
  • ポテトチップス(湖池屋)
  • 湖池屋プライドポテト(湖池屋)
  • カラムーチョ(湖池屋)
  • ポリンキー(湖池屋)
  • スコーン(湖池屋)
  • ドンタコス(湖池屋)
  • ポテトチップス(山芳)
  • プリッツ(江崎グリコ)
  • ビアプリッツ(江崎グリコ)
  • かるじゃが(江崎グリコ)
  • Cheeza[チーザ](江崎グリコ)
  • CRATZ[クラッツ](江崎グリコ)
  • アボカドーザ・ゴマーザ(江崎グリコ)
  • チップスター(ヤマザキビスケット)
  • プリングルズ(日本ケロッグ)
  • とんがりコーン(ハウス食品)
  • オー・ザック(ハウス食品)
  • カール(明治)
  • おっとっと(森永製菓)
  • ポテロング(森永製菓)
  • 暴君ハバネロ(東ハト)
  • ベビースターラーメン(おやつカンパニー)
  • 堅あげポテト(カルビー)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年6月16日~20日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,021サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.