日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2017.07)
消費者調査 No.251
シリアル(2017年7月版)
直近購入ベスト3をグラノーラが占める


本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料での会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2016年のシリアル市場は、前年比5.4%増と着実な成長となりました。

 今回は、当社が任意に選んだシリアル22ブランドについて、「知っている(認知率)」、「食べたことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)での接触状況(3ヶ月内店頭接触)」、3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)食べみたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査結果では、カルビーの「フルグラ」、ケロッグの「フルーツグラノラ」、日清シスコの「ごろっとグラノーラ」などのグラノーラ系ブランドが上位を占めた。とくに「フルグラ」の人気は高く、認知や購入経験など、ロングセラーのブランドが強い項目で、ケロッグの「コーンフレーク」に首位を譲ったものの、広告接触、店頭接触、3ヶ月内購入、今後の購入意向、再購入意向の5項目で首位を獲得した。「フルグラ」を追うのが「フルーツグラノラ」で、店頭接触、3ヶ月内購入、今後の意向の3項目で「フルグラ」に次ぐ2位となった。「ごろっとグラノーラ」は、認知や購入経験ではベスト5から外れたものの、3ヶ月内購入で3位、再購入意向では2位となった。前回(2015年9月版)の調査でも、グラノーラのブランドは上位にランクインされていたが、今回はよりその傾向が強まった。

 グラノーラ系ブランド以外では、ロングセラーの「コーンフレーク」のほかは、「オールブラン(ケロッグ)」「玄米シリーズ(ケロッグ)」などがベスト10内に入っている。グラノーラ系とともに、健康イメージを訴求した商品が上位に顔を揃えている。

 シリアル市場は、グラノーラブームによって急激に拡大してきたが、ブームが落ち着き、新規ユーザーの流入が一段落したことで、安定的な成長の軌道に移行したとみられている。メーカー各社は、健康イメージを強く訴求できそうな大麦や玄米などの素材を使った新商品や、ユーザーの間口を広げるために和風素材を使った新商品などを相次いで発売している。成長市場での上位メーカー間の激しい競争の行方が注目される。

【グラフを見る】(有料会員向け)



【提示22ブランド】
  • オールブラン(ケロッグ)
  • 玄米シリーズ(ケロッグ)
  • フルーツグラノラ(ケロッグ)
  • フロスティ(ケロッグ)
  • ココくん(ケロッグ)
  • コーンフレーク(ケロッグ)
  • ごろっとグラノーラ(日清シスコ)
  • シスコーン(日清シスコ)
  • スーパー大麦グラノーラ(日清シスコ)
  • フルグラ(カルビー)
  • 発芽米 金のいぶき グラノーラ フルーツMIX(ファンケル)
  • グラリッチ(味源)
  • クエーカーオートミール(クエーカーオーツ)
  • 日食オーツオートミール(日本食品製造)
  • 日食ふわサクフルーツ&ナッツグラノーラ(日本食品製造)
  • ラブクランチ オーガニックグラノーラ(ネイチャーズパース)
  • ファミリアミューズリー(ファミリア)
  • カントリーファームミューズリー(カントリーファーム)
  • スーパー大麦「バーリーマックス」(帝人)
  • セブンプレミアムのシリアル(セブン&アイ)
  • トップバリュのシリアル(イオン)
  • みなさまのお墨付きコーンフレーク(西友)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年5月19日~23日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,016サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.