日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2017.05)
消費者調査 No.248
冷菓(2017年5月版)
リピート意向の高い冬アイス、春アイスの新製品は?


本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料または有料での会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2015年度の冷菓市場は4年連続で拡大、伸び率も6.4%増と、2006年以降最大となりました。

 今回は、当社が任意に選んだ冷菓31ブランドについて、「知っている(認知率)」、「食べたことがある(飲用経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)での接触状況(3ヶ月内店頭接触)」、3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)食べたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の結果も前回(2016年5月版)と同様、「ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ・ジャパン)」の強さが際立つ結果となった。「ハーゲンダッツは、7項目中、認知率を除く6項目で首位を獲得した。2位以下との比較でみると、3ヶ月内購入では10.3ポイント、今後の購入意向では17.2ポイントの大差となっており、「今一番買われていて、これからも買い続けたい」冷菓であることがわかる。

 2位以下は項目によってめまぐるしく順位が入れ替わるが、認知から購入意向までの項目で見ると、5位以内にランクインした項目が多いのは、森永乳業の「ピノ」「パルム」、明治の「明治エッセルスーパーカップ」、ロッテの「雪見だいふく」、森永製菓の「チョコモナカジャンボ」などのロングセラーである。

 しかし、ユーザーの満足度の指標である再購入意向では、「ハーゲンダッツ」の首位は変わらないものの、メーカーのロングセラーを抑えて、コンビニPBが上位に大きく食い込んできている。セブン&アイのPBである「セブンゴールド金のアイス」は2位、「セブンプレミアムアイスクリーム」は7位。ローソンの「ローソンセレクト」のアイスが6位、ファミリーマートの「ファミリーマートコレクションのアイスクリーム」が4位とコンビニPBのアイスはすべてが10位内にランクインしている。また、ロングセラーブランドがランキング上位を占めるなか、再購入意向では、2015年発売の「明治ゴールドライン(明治)」が3位、2016年発売の「板チョコ好きのアイス(森永製菓)」が9位と比較的若いブランドも10位内に食い込んだ。

 冷菓の市場は、通年化が進み、夏以外の季節にも多くの新製品が発売されるようになってきている。特に冬や春の新製品は「濃厚な口どけ」や「厳選素材」などをうたったものも多く、スイーツに近い位置づけといえるだろう。しかし、夏は「さっぱり」系が好まれる傾向にあり、限定商品の発売やフレーバーの入れ替えなどで本格的な夏に向けて、売り場は大きく動く。今夏は猛暑が予想されており、冷菓は市場拡大が期待される一方で、コンビニのカウンターで販売されるフラッペや、オープンの相次ぐジェラートやかき氷の専門店との競争も激化している。この夏はどのような新製品やヒット商品が生まれるのか。今後の行方が注目される。

【グラフを見る】(無料・有料会員向け)



【提示31ブランド】
  • カロリーコントロールアイス(江崎グリコ)
  • 牧場しぼり(江崎グリコ)
  • ジャイアントコーン(江崎グリコ)
  • アイスの実(江崎グリコ)
  • パナップ(江崎グリコ)
  • 明治エッセルスーパーカップ(明治)
  • 明治グラン(明治)
  • 明治ゴールドライン(明治)
  • 爽(ロッテ)
  • クーリッシュ(ロッテ)
  • レディボーデン(ロッテ)
  • 雪見だいふく(ロッテ)
  • モナ王(ロッテ)
  • ピノ(森永乳業)
  • パルム(森永乳業)
  • MOW(モウ・森永乳業)
  • アイスボックス(森永製菓)
  • パリパリバー(森永製菓)
  • チョコモナカジャンボ(森永製菓)
  • 板チョコ好きのアイス(森永製菓)
  • ヨーロピアンシュガーコーン(クラシエ)
  • 豆乳アイスソイ(クラシエ)
  • ガリガリ君(赤城乳業)
  • あずきバー(井村屋)
  • ハーゲンダッツ
  • ベン&ジェリーズ
  • ファミリーマートコレクションのアイスクリーム
  • ローソンセレクトのアイス(ローソン)
  • セブンプレミアムアイスクリーム(セブン&アイ)
  • セブンゴールド金のアイス(セブン&アイ)
  • トップバリュのアイス(イオン)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年4月14日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,009サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.