日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2014.01)
消費者調査 No.192 シリアル・栄養食品(2014年1月版)
フルーツグラノーラのブームはまだ続く?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年のシリアル市場は前年比112.4%と二桁の伸びとなりましたが、特に伸長著しいのがグラノーラで、前年比155.1%となっています(日本スナック・シリアルフーズ協会)。
 今回は、当社が任意に選んだ44ブランドのシリアル・栄養食品について、「知っている(認知率)」、「買ったことがある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、大塚製薬の「カロリーメイト」と「SOYJOY(ソイジョイ)」が多くの項目で1位、2位を占めている。「カロリーメイト」は、食経験で44.0%と、2位の「SOYJOY」に10ポイント以上、3位の「ケロッグコーンフレーク(日本ケロッグ)」には20ポイント以上の大差をつけた。また、最近3ヶ月内の食経験でも、「カロリーメイト」と「SOYJOY」のみが10%台を確保し、ロングセラーらしい堅調な結果となっている。

 一方、急成長中のフルーツグラノーラのブランドでは、トップの「フルグラ(カルビー)」が認知で13位、食経験で8位にとどまっている。しかし、3ヶ月内食経験では「カロリーメイト」と「SOYJOY」に次ぐ3位で、再購入意向では前記2ブランドを抑えて首位となった。
 さらに、再購入意向上位をみると、首位「フルグラ」に続き、2位が「セブンプレミアム フルーツグラノーラ(セブン&アイ)」、3位が「バランスアップ グラノーラ(アサヒフードアンドヘルスケア)」、4位が「ケロッグフルーツグラノラ(日本ケロッグ)」と5位までのうち4ブランドがグラノーラ、うち3ブランドがフルーツグラノーラで占められている。浸透度ではロングセラーに及ばないものの、固定ファン層の存在がうかがえる結果である。

 燕麦、麦、玄米などを蜂蜜や黒砂糖、植物油と混ぜてオーブンで焼き、ドライフルーツやナッツなどをミックスして作られるグラノーラは、2012年頃から第二次のブームを迎えている。この背景には健康志向の高まりや、「フルグラ」を擁するカルビーの地道なキャンペーン、さらには人気外食店でのメニューへの採用などが挙げられる。
 フルーツグラノーラは、朝食用に牛乳をかけて、というだけではなくサラダやスイーツのレシピなども提供されており、ユーザーの裾野拡大にも一役買っている。
 カルビーのオンラインショップ専用フルーツグラノーラの発売や、グラノーラ専門ショップの誕生など、グラノーラのブームはまだまだ続きそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示44ブランド】
  • ケロッグ 玄米フレーク(日本ケロッグ)
  • ケロッグ玄米フレーク クリスプ(日本ケロッグ)
  • ケロッグオールブラン(日本ケロッグ)
  • オールブランクラッカー(日本ケロッグ)
  • オールブランクリスプ(日本ケロッグ)
  • ケロッグコーンフレーク(日本ケロッグ)
  • ケロッグフルーツグラノラ(日本ケロッグ)
  • ケロッグフロスティ(日本ケロッグ)
  • フルグラ(カルビー)
  • ブラウンシュガー(カルビー)
  • トッピンチョコ(カルビー)
  • チョコパフィ(カルビー)
  • キャラメル(カルビー)
  • コーンフレーク(カルビー)
  • シスコーン(日清シスコ)
  • GooTaグラノーラ(日清シスコ)
  • 毎日果実(グリコ)
  • 毎日果実 フルーツたっぷりのケーキバー(グリコ)
  • おからだから(グリコ)
  • バランスオン クリームサンド(グリコ)
  • バランスアップ クリーム玄米ブラン(アサヒフードアンドヘルスケア)
  • バランスアップ 玄米ブラン(アサヒフードアンドヘルスケア)
  • バランスアップ グラノーラ(アサヒフードアンドヘルスケア)
  • 1本満足バー(アサヒフードアンドヘルスケア)
  • ナチュレーブ 果実ドルチェ(アサヒフードアンドヘルスケア)
  • カロリーメイト(大塚製薬)
  • SOYJOY ソイジョイ(大塚製薬)
  • パーフェクトプラス(明治)
  • EPA+(エパプラス)豆乳クッキー(ニッスイ)
  • ぐーぴたっ クリームグラノーラ(ナリスアップコスメティックス)
  • ファンケル 発芽米フレーク(ファンケル)
  • リエータ シリアルバー(ヤクルトヘルスフーズ)
  • クエーカー オートミール(クエーカーオーツ)
  • 日食オーツ オートミール(日本食品製造)
  • ファミリア ミューズリー(ファミリア)
  • カントリーファーム ミューズリー(カントリーファーム)
  • セブンプレミアム フルーツグラノーラ(セブン&アイ)
  • セブンプレミアム カルシウムたっぷり シリーズ(セブン&アイ)
  • セブンプレミアム 米粉チョコリングスナック(セブン&アイ)
  • ライトミールブロック(トップバリュ)
  • ライトミールシリアルバー / 大豆バー(トップバリュ)
  • ライトミールブランサンド(トップバリュ)
  • コーンフレーク(トップバリュ)
  • みなさまのお墨付き コーンフレーク(西友)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年12月13日~12月17日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,035サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.