日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.12)
消費者調査 No.191 鍋料理(2013年12月版)
「トマト鍋」「ミルフィーユ鍋」「生姜鍋」...新顔鍋の浸透度は?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 寒さの到来とともに本格シーズンを迎えた鍋料理。最近は、一品で完結する手軽さや、野菜を多くとれることなどから家庭内、外食を問わず人気が高まり、「一人鍋」専門店も話題になっています。
 今回は、当社が任意に選んだ鍋メニュー40種について、「知っている(認知率)」、「食べたことがある(食経験率)」、「自宅で作って食べたことがある(内食経験率)」、外食で食べたことがある(外食経験率)」、利用者の満足度合を示す「食経験者の今後の食意向(リピート意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」「おでん」が複数の項目で上位を占めた。
 「すき焼き」は、食経験率と今後の意向、リピート意向でトップ、内食、外食経験率で2位と、鍋料理の横綱的存在である。「すき焼き」の次に食経験率の高い「おでん」と「しゃぶしゃぶ」をみると、内食経験率の高い「おでん」に対して、「しゃぶしゃぶ」は外食での経験率が高いという違いがみられる。
 この上位3メニューに「湯豆腐」「寄せ鍋」「水炊き」を加えた6メニューが、食経験率で7割、内食経験率で5割を超えており、いわば『定番』の鍋メニューといえるだろう。
 一方、「カレー鍋」「塩麹鍋」「トマト鍋」「ミルフィーユ鍋」「生姜鍋」など『新顔』の鍋をみると、認知や食経験などの項目では、すべてが20位外で、まだ浸透度は低いといえる。しかし、食経験者ベースの今後の意向では「ミルフィーユ鍋」が50.0%で9位、「担々鍋」が45.5%で12位、「カレー鍋」が44.4%で14位にランクインしており、食経験が増えれば定番として定着していく可能性が高いといえる。

 外食店のメニューや食品メーカー各社が提案する鍋調味料、さらにはレシピサイトなどからさまざまな新顔鍋が生まれている。今シーズンは米飯や麺など「〆」のバリエーションや、「個食」対応の鍋調味料が人気を博している。
 定番の鍋メニューに加え、豊富なバリエーションで鍋料理の人気はまだまだ続きそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示40メニュー】
  • 寄せ鍋
  • 湯豆腐
  • 水炊き
  • すき焼き
  • しゃぶしゃぶ
  • ふぐちり・てっちり
  • かき鍋
  • かきの土手鍋
  • ちゃんこ鍋
  • 塩ちゃんこ鍋
  • 塩麹鍋
  • おでん
  • 石狩鍋
  • うどんすき
  • きりたんぽ鍋
  • もつ鍋
  • 鴨鍋
  • あんこう鍋
  • かにすき・カニ鍋・カニしゃぶ
  • すっぽん鍋
  • ミルフィーユ鍋
  • カレー鍋
  • 豆乳鍋
  • ごま豆乳鍋
  • トマト鍋
  • キムチ鍋
  • チゲ鍋
  • 担々鍋
  • 参鶏湯(サムゲタン)
  • 火鍋
  • ジンギスカン鍋
  • ほうとう鍋
  • チーズ鍋
  • ぼたん鍋・しし鍋
  • 葱鮪(ねきま)鍋
  • 柳川鍋・どじょう鍋
  • 生姜鍋
  • みぞれ鍋
  • はりはり鍋・鯨鍋
  • フォアグラ鍋

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年11月19日~11月22日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,027サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.