保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2013.11)
消費者調査 No.190 カップめん(2013年11月版)
独走カップヌードルに満足度で迫るセブンプレミアム
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年のカップめんの生産数量は、前年比96.8%で、4年ぶりの減少となりました。(日本即席食品工業協会)。
 今回は、当社が任意に選んだ31ブランドの中華風カップめんについて、「知っている(認知率)」、「買ったことがある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2013年1月版)と同じく、すべての項目で「カップヌードル(日清食品)」が首位独走となった。
 カップヌードルは、広告接触、購入経験、3ヶ月内購入などの項目で、2位以下に30ポイント以上の大差をつけての首位で、ベストセラーブランドの強さをみせつけた。
 しかし、再購入意向では、74.6%の「カップヌードル」に継いで、60%台の再購入意向を獲得したブランドがふたつある。明星食品やサンヨー食品との協業による「セブンプレミアムのカップめん(セブン&アイ)」(69.8%)と、袋めん「正麺」が大ヒット商品となった東洋水産の「匠」(63.0%)で、50%台にひしめく多数のブランドから、頭ひとつ抜けたかっこうである。

 同じ即席めんでも、袋めんは、東洋水産の「正麺」が牽引し、生麺タイプを中心に市場が拡大しているが、カップめん市場では「カップヌードル」独走で、それ以外のブランドは低価格競争に陥っていた。しかし、今回、再購入意向2位のセブンプレミアムのカップめん」は、イオンや西友が80円台の低価格なのに対して、118~138円と大手メーカーのブランド品並の価格が設定されており、「匠」にいたっては実売価格で200円を超える。カップめんにも「本格感」やプチ贅沢などをキーワードにした市場拡大が波及するのかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示31ブランド】
  • カップヌードル(日清食品)
  • カップヌードルライト(日清食品)
  • スープヌードル(日清食品)
  • チキンラーメンどんぶり(日清食品)
  • 出前一丁どんぶり(日清食品)
  • 日清麺職人(日清食品)
  • 日清行列のできる店のラーメン(日清食品)
  • 日清デカ王(日清食品)
  • 日清ラ王(日清食品)
  • 麺づくり(東洋水産)
  • ホットヌードル(東洋水産)
  • hanauta(東洋水産)
  • 匠(東洋水産)
  • でかまる(東洋水産)
  • 四季物語(東洋水産)
  • 一平ちゃん(明星食品)
  • チャルメラカップ(明星食品)
  • 究麺(きわめん)(明星食品)
  • Quick1(明星食品)
  • サッポロ一番カップめん(サンヨー食品)
  • サッポロ一番カップスター(サンヨー食品)
  • ホームラン軒(テーブルマーク)
  • スーパーカップ1.5倍(エースコック)
  • 凄麺(ヤマダイ)
  • セブンゴールド 「日清名店仕込みシリーズ」
  • セブンプレミアムのカップめん
  • トップバリュのカップめん
  • ローソンセレクトのカップめん
  • ファミリーマートコレクションのカップめん
  • コープヌードル(日本生協連)
  • 辛カップラーメン(農心)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年10月10日~14日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,038サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.