日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.09)
消費者調査 No.180 レトルトカレー(2013年9月版)
多様な進化でファンを掴む中高価格帯商品
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年のレトルトカレー市場は、前年の東日本大震災後の特需の反動などから、3.4%のマイナスとなりました。
 今回は、当社が任意に選んだレトルトカレー34ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2012年4月版)に引き続きハウス食品の「ククレカレー」「咖喱*屋カレー」が複数の項目で1位、2位を獲得した。この2ブランドに続くのは、「銀座カリー(明治)」で、店頭接触、3ヶ月内購入、今後の購入意向などで3位を獲得。この3ブランド以外にも、認知や3ヶ月内購入、今後の購入意向などには上位にはロングセラーブランドがずらりと並んでいる。
 しかし、購入者の満足度をはかる指標である購入者ベースの今後の購入意向(再購入意向)では、顔ぶれががらりと変わる。認知や購入経験でトップだった「ククレカレー」は20位外、同じく2位の「咖喱*屋カレー」は9位に沈んだ。代わってトップとなったのは、「金のビーフカレー(セブン&アイ)」で、300円台というレトルトカレーとしてはやや高額な価格設定である。上位5位までをみると、「インドカリー(新宿中村屋)」「無印良品のレトルトカレー(無印良品)」「ザ・ホテル・カレー(ハウス食品)」と4商品が200円以上、6位の「銀座カリー(明治)」も250円前後と中高価格帯の商品の比率が高いのが特徴だ。

 レトルトカレーは、ボリュームの大きな100円前後の普及品の市場が、激しい価格競争で伸び悩む一方、中高価格帯の商品は好調が伝えられている。伸びを支えているのは、東日本大震災後の特需の際に拡がった新たなユーザー層とみられており、メーカーもそれに対応すべく、ご当地カレー、名店監修のカレー、エスニックのカレーなどさまざまな新商品を投入している。手頃で手軽という特長から、新たな次元へ進化をしつつあるレトルトカレー市場のゆくえが注目される。

*咖喱は、くちへんに加える、くちへんに厘

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示34ブランド】
  • ククレカレー(ハウス食品)
  • カレーマルシェ(ハウス食品)
  • 咖喱屋カレー(ハウス食品)
  • こくまろカレーレトルト(ハウス食品)
  • ジャワカレーレトルト(ハウス食品)
  • めざめるカラダ朝カレー(ハウス食品)
  • 燻しの匠燻製カレー(ハウス食品)
  • カフェカレ(ハウス食品)
  • 温めずにおいしいカレー(ハウス食品)
  • カロリー美食亭80(ハウス食品)
  • とろうま角煮カレー(ハウス食品)
  • ザ・ホテル・カレー(ハウス食品)
  • でか盛りカレー(ハウス食品)
  • 夏の元気!本気カレー!(ハウス食品)
  • なっとくのカレー(エスビー食品)
  • カレー曜日(エスビー食品)
  • 100kcal カレー(エスビー食品)
  • ディナーカレーレトルト(エスビー食品)
  • LEE (江崎グリコ)
  • ちょい食べカレー(江崎グリコ)
  • カロリーコントロールカレー(江崎グリコ)
  • CURRY POT (カレーポット)(江崎グリコ)
  • 銀座カリー(明治)
  • まるごと野菜カレー(明治)
  • 男のカレー(極旨・絶品・贅沢)(明治)
  • ボンカレーゴールド(大塚食品)
  • ボンカレーネオ(大塚食品)
  • インドカリー(新宿中村屋)
  • 「冷え知らず」さんの生姜カレー(永谷園)
  • 金のビーフカレー(セブン&アイ)
  • セブンプレミアムのレトルトカレー(セブン&アイ)
  • トップバリュのレトルトカレー(イオン)
  • バリューラインのレトルトカレー(ローソン)
  • 無印良品のレトルトカレー(無印良品)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年7月23日~24日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,005サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.