保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2013.04)
消費者調査 No.169 パックご飯(2013年4月版)
「2分でごはん」の市場拡大の牽引車は?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 パックご飯は、手軽さや食味の良さなどから、単身者や高齢者世帯などを中心に堅調に市場を拡大してきましたが、東日本大震災後に非常食としての評価などから、2011年は2桁の、2012年も4%の成長を記録しました。
 今回は、当社が任意に選んだ包装米飯21ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、無菌包装米飯の最大手である「サトウのご飯(サトウ食品)」がすべての項目で首位を獲得した。
 「サトウのご飯」は認知、店頭接触、購入経験、3ヶ月内購入、今後の購入意向などで、2位以下を大きく引き離し、圧倒的な強さをみせつけた。
 2位以下で注目すべきは「タニタ食堂の金芽米ごはん(東洋ライス)」と、生協、セブン&アイグループ、イオンなどのPBである。「タニタ食堂の金芽米ごはん」は、「サトウのご飯」シリーズの同程度の容量のものより10%程度高価格の設定だが、『おいしくて低カロリー』を訴求しており、広告接触、今後の購入意向で2位、購入者の満足度を示す指標である購入者ベースの今後の購入(再購入)意向では、ベースが少なく参考値ながら「サトウのご飯」と同程度の高い水準となった。
 一方のPBは、「サトウのご飯」シリーズの同程度の容量のものより20~40%程度割安な価格設定がなされており、「セブンプレミアム パックごはん(セブン&アイグループ)」「トップバリュ パックごはん(イオングループ)」は店頭接触、3ヶ月内購入でそれぞれ2位と3位、再購入以降では「生協 パックごはん(生協)」についで3位と4位である。

 パックご飯の市場は、1988年、それまでのレトルト方式よりも食味の良い無菌包装の「サトウのご飯」発売を契機に大きく拡大、単身者や高齢世帯の増加とともに伸長してきた。しかし、2011年の非常食特需までの数年間、市場の成長は緩やかだった。そのような状況下に登場した、付加価値を掲げた「タニタ食堂の金芽米ごはん」や、コストパフォーマンスに優れたPBのパックご飯がどこまで市場を拡大させることができるかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示21ブランド】
  • サトウのご飯(サトウ食品)
  • つややかなごはん(エスビー食品)
  • マルちゃん あったかごはん(東洋水産)
  • たきたてごはん(テーブルマーク)
  • パパッとライス(はごろもフーズ)
  • タニタ食堂の金芽米ごはん(トーヨーライス)
  • 金芽米ごはん(トーヨーライス)
  • ファンケル発芽米ごはん(ファンケル)
  • DHC ふっくら健康ごはん(DHC)
  • 日本のごはん(越後製菓)
  • ふんわりごはん(ウーケ)
  • 各地農協(JA)のごはん*1
  • 各地の生産者協会のパックごはん*2
  • セブンプレミアム パックごはん(セブン&アイグループ)
  • トップバリュ パックごはん(イオングループ)
  • ローソンセレクトなど ローソンのパックごはん(ローソン)
  • 西友 パックごはん(西友)
  • Vマーク パックごはん(東急ストア、京王ストアなど)
  • 情熱価格 アツアツごはん(ドン・キホーテ)
  • 生協 パックごはん(生協)
  • レンジ用 発芽玄米ごはん(良品計画)*3
*1 全農ふっくらごはんなどの各地農協(JA)のごはん
*2 ご当地米など各地の生産者協会のパックごはん
*3 無印良品 レンジ用 発芽玄米ごはん(良品計画)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年1月30日~2月1日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:999サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.