日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.11)
消費者調査 No.163 スナック菓子(2012年11月版)
ベジップスは「定番」の厚い壁を破れるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2011年のスナック市場は、3月の東日本大震災による資材不足や節電要請にもかかわらず、前年比100.4%(全日本菓子協会 小売金額)と堅調に推移しました。
 今回は、当社が任意に選んだ29ブランドのスナック菓子について、「知っている(認知率)」、「買ったことがある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでも、前回(2010年2月版)同様、カルビーの「ポテトチップス」がほぼ全ての項目で首位を独占した。とくに3ヶ月内購入では2位の「じゃがりこ(カルビー)」に12.4ポイントの差をつけ、高い頻度で購入されていることがわかる。
 2位以下をみると、「じゃがりこ」のほか、「かっぱえびせん(カルビー)」「ポテトチップス(湖池屋)」「カール(明治)」などの定番商品がひしめき、新ブランドには厳しい市場となっている。
 そんななかで、再購入意向(購入経験者の今後の購入意向)の5位に、2010年発売(全国展開は2012年)の「Vegips(ベジップス)(カルビー)」がランクインした。「ベジップス」は、認知や購入経験では20位圏外だが3ヶ月内購入で18位に入り、ホットな商品であることがうかがえる。

 スナック菓子市場は、家飲み(外食ではなく自宅での飲酒)シフトや巣ごもり消費を追い風にしてきたが、ここ数年は、価格競争による価格下落が著しい。メーカー各社は、価格競争に巻き込まれにくく、消費者や流通へのアピール力の強い新商品や新アイテムを次々投入してきたが、定番となれずに消えていく商品も多かった。発売以来、製造が追いつかないヒットが報道されている「ベジップス」が、この厳しい市場で上位商品のなかに割って入り、「定番」の位置を獲得できるか。大型新商品のゆくえが注目される。
 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示29ブランド】
  • ポテトチップス(カルビー)
  • 堅あげポテト(カルビー)
  • ア・ラ・ポテト(カルビー)
  • サッポロポテト(カルビー)
  • Oh!おつまみ(カルビー)
  • かっぱえびせん(カルビー)
  • じゃがりこ(カルビー)
  • Jagabee(ジャガビー)(カルビー)
  • Vegips(ベジップス)(カルビー)
  • ポテトチップス(湖池屋)
  • ポテトチップス プレミアム(湖池屋)
  • カラムーチョ(湖池屋)
  • ポリンキー(湖池屋)
  • プリッツ(グリコ)
  • 細切りプリッツ(グリコ)
  • ビアプリッツ(グリコ)
  • かるじゃが(グリコ)
  • Cheeza[チーザ](グリコ)
  • CRATZ[クラッツ](グリコ)
  • Ta Pasta[タパスタ](グリコ)
  • チップスター(ヤマザキナビスコ)
  • プリングルズ(プリングルズ・ジャパン)
  • とんがりコーン(ハウス食品)
  • オー・ザック(ハウス食品)
  • こんがりポテト(ハウス食品)
  • カール(明治)
  • コパン(明治)
  • おっとっと(森永製菓)
  • ポテロング(森永製菓)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年10月15日~17日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,043サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.