日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.05)
消費者調査データ No.144 電子レンジ食品(2012年5月版)
カップヌードルごはんはどこまで伸びるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 内食・節約志向および食の簡便化志向の強まりにより、電子レンジで手軽に調理できる電子レンジ食品は、市場としてはまだ小さいものの、新製品も投入されるなど注目度が高まってきています。
 電子レンジでつくれるセット米飯、カップライス、めん類など当社が任意に選んだ20ブランドの「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「カップヌードルごはん(日清食品)」が7項目中6項目で首位を獲得した。
 「カップヌードルごはん」は、2011年の全国発売から約9ヶ月だが、認知率は51.7%、店頭接触率は39.2%、購入経験率は17.7%となっており、店頭で見た人の2人に1人弱が購入したという結果である。
 「カップヌードルごはん」に続き6項目で2位となったのは、同じく日清食品の「日清レンジSpa王」だが、「カップヌードルごはん」とは認知率で21.2ポイント差、購入経験で7.0ポイント差となっており、このジャンルでは「カップヌードルごはん」が頭ひとつ抜けた形になっている。

 セット米飯やカップライスは、パックの白飯などに比べて割高感があり、過去にもいくつかのメーカーやブランドが参入後、数年を待たずして撤退している。今後日清食品は、「カップヌードル」というカップめんのトップブランドを冠ブランドとすることで、カップめんで培った強いブランドイメージをレンジ食品にも波及させることができるのか。商品定着の可能性だけでなく、セット米飯・カップライスなどの市場拡大の鍵もそこにあるのではないだろうか。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示20ブランド】
  • カップヌードルごはん(日清食品)
  • 日清GoFan(日清食品)
  • 日清コットコットリゾット(日清食品)
  • ニッチン食堂(日清食品)
  • 日清レンジSpa王(日清食品)
  • 日清 焼そばUFO そばめし(日清食品)
  • カップヌードルレンジタイム(日清食品)
  • 押し麦ごはんで(カゴメ)
  • キッコーマン うちのごはん できたて My Deli(キッコーマン)
  • ピアット(エスビー食品)
  • 釜めし・おこわごはん付き(丸美屋)
  • 五穀ごはん付き(丸美屋)
  • どんぶりごはん付き(丸美屋)
  • ふっくら(東洋水産)
  • 鶏釜めし(東洋水産)
  • 喫茶店の五目ピラフ(東洋水産)
  • 喫茶店のドライカレー(東洋水産)
  • 味の一品(東洋水産)
  • ReSOLA(大塚食品)
  • 楽メシ(サタケ)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年3月30日~4月4日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,038サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.