日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.04)
消費者調査データ No.143 カップめん(2012年4月版)
カップヌードルに満足度で迫るセブンプレミアム
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 カップめんの市場は、2008年の原材料値上がりに伴う製品値上げで、低価格品へのシフトが進み、金額ベースでは縮小しましたが、翌年には再び成長を取り戻し、2011年は対前年比で105.0%の伸びとなっています(日本即席食品工業協会)。
 今回はカップめんについて、当社が任意に選んだ31ブランドの「知っている(認知率)」、「買ったことがある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについて、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでも、前回前々回同様、「カップヌードル(日清食品)」が全項目で首位を獲得した。2位には同じく日清食品の「ラ王」が7項目中5項目でランクインしたが、広告接触で32.4ポイント、店頭接触で26.6ポイント、購入経験で43.0ポイント、今後意向で44.7ポイントの差をつけられており、「カップヌードル」一強の構造は揺らいでいない。
 このような状況下で健闘が光るのが「セブンプレミアムのカップめん(セブン&アイ)」である。「セブンプレミアムのカップめん」の再購入意向は、前回(2010年)の53.8%の7位から、今回は63.3%の2位に上昇した。トップの「カップヌードル」との差も8.7ポイントまで詰めており、ファン層固めに成功しつつある。

 保存性に優れたカップめんは、東日本大震災以後、非常食としても評価が高まっており、2011年、国内のめん類全体に占めるカップめんの割合は19.0%に至っている。拡大しているとはいえ、「カップヌードル」を筆頭とするロングセラーブランドが上位を抑えるなか、「セブンプレミアムのカップめん」が今後どこまで支持を伸ばすかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示31ブランド】
  • カップヌードル(日清食品)
  • カップヌードル ライト(日清食品)
  • スープヌードル(日清食品)
  • チキンラーメンどんぶり(日清食品)
  • 出前一丁どんぶり(日清食品)
  • 麺職人(日清食品)
  • 麺の達人カップ(日清食品)
  • 行列のできる店のラーメン(日清食品)
  • デカ王(日清食品)
  • ラ王(日清食品)
  • 太麺堂々(日清食品)
  • サッポロ一番 カップめん(サンヨー食品)
  • サッポロ一番 カップスター(サンヨー食品)
  • 一平ちゃん(明星食品)
  • チャルメラカップ(明星食品)
  • 究麺(きわめん)(明星食品)
  • 広東拉麺(テーブルマーク)
  • ホームラン軒(テーブルマーク)
  • 駅前食堂(テーブルマーク)
  • スーパーカップ1.5倍(エースコック)
  • ペヤング ヌードル(まるか食品)
  • ペヤング 中華そば(まるか食品)
  • 麺づくり(東洋水産)
  • 昔ながらの中華そば(東洋水産)
  • 本気盛(東洋水産)
  • 激めん ワンタンメン(東洋水産)
  • 匠(東洋水産)
  • セブンプレミアムのカップめん
  • トップバリュのカップめん
  • バリューラインのカップめん
  • 100円ショップのカップめん

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年3月30日~4月4日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,038サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.