保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2012.04)
消費者調査データ No.142 カレールウ(2012年4月版)
PBの満足度はバーモントを超えるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 カレールウの市場は、2003年度から縮小していましたが、消費者の内食志向などを背景に2005年から再び増加しました。近年は横ばい、微減などを繰り返す成熟市場で、ロングセラーブランドが強い寡占型市場ですが、低カロリーや溶けやすいなどの特徴を訴求する新製品の投入もみられます。
 今回は、当社が任意に選んだカレールウ24ブランドについて、「知っている(認知率)」「広告をみたことがある(広告接触)」「店頭でみたことがある(店頭接触)」「買ったことがある(購入経験率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでも、前回(2011年10月版)に引き続き、「バーモントカレー」「こくまろカレー」「ジャワカレー」などのハウス食品のロングセラーブランドが上位を占め、いくつかの項目で「2段熟カレー(江崎グリコ)」が食い込む、という形になった。
 ただし、ユーザーの満足度を表す指標である「購入者ベースの今後の購入意向」では、「セブンプレミアム(セブン&アイ)」がトップを獲得したほか、「トップバリュ(イオン)」が5位に入るなど、コストパフォーマンスに優れるPB商品がランクインしている。
 前回、満足度トップとなった「横濱舶来亭カレーフレーク(エバラ食品)」などのフレーク状の商品は、「横濱舶来亭カレーフレーク」が7位に、「香味焙煎カレーフレーク(ハウス食品)」が10位にランクインしており、ボリュームはまだ小さいながらファン層づくりが進んでいる様子がみてとれる。

 カレールウの市場では、「バーモントカレー」に代表されるロングセラーの上位ブランドの壁は厚いが、低価格、コストパフォーマンスに優れるPB商品や、価格的には割高だが「溶けやすさ」などの優位性を持つフレーク状商品が、今後どこまで拡大できるかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示24ブランド】
  • バーモントカレー(ハウス食品)
  • プライムバーモントカレー(ハウス食品)
  • 印度カレー(ハウス食品)
  • ジャワカレールウ(ハウス食品)
  • プライムジャワカレー(ハウス食品)
  • ザ・カリー(ハウス食品)
  • こくまろカレー(ハウス食品)
  • 海の幸カレー(ハウス食品)
  • スープカリーの匠(ハウス食品)
  • 香味焙煎カレーフレーク(ハウス食品)
  • カレーハーフ(エスビー食品)
  • ゴールデンカレー(エスビー食品)
  • ディナーカレー(エスビー食品)
  • とろけるカレー(エスビー食品)
  • 地中海カレー(エスビー食品)
  • 2段熟カレー(江崎グリコ)
  • ZEPPIN(江崎グリコ)
  • LEE(ルウタイプ)(江崎グリコ)
  • まるごと野菜カレールウ(明治)
  • 銀座料理長カリーフレーク(明治)
  • 横濱舶来亭カレーフレーク(エバラ食品)
  • セブンプレミアムのカレールウ
  • トップバリュのカレールウ
  • バリューラインのカレールウ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年3月30日~4月4日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,038サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.