保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2010.08)
消費者調査 No.101 レトルト丼(2010年8月版)
レトルト丼でも強さを発揮する吉野家
大手NBと外食ブランドが凌ぎを削る
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 レトルト丼は、レトルト食品のなかでは比較的新しいジャンルで、年間生産量 もレトルトカレーの40万トンに対し、1万トン(2008年 社団法人日本缶詰協会)と市場はまだ小さいものの、新規参入が相次ぎ、注目されている市場のひとつです。
 今回は、レトルト丼について、当社が任意に選んだ12ブランドの「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」のトップ3は、吉野家の「丼の具」、グリコの「DONBURI亭」、マルハの「金のどんぶり」の順となった。また、「買ったことのある(購入経験率)」のトップ3は、グリコの「DONBURI亭」、マルハの「金のどんぶり」、吉野家の「丼の具」の順となり、認知率と顔ぶれは変わらなかった。
 「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」のトップは、2位を15ポイント近く引き離し、吉野家の「丼の具」となった。次いで、認知率・購入経験率共に、トップ5にランクインしなかった、丸美屋の「うまいどんぶり!」、ハウス食品の「できたてづくり」が登場した。
「レトルトカレー」のランキングでも、中村屋の 「インドカリー」など外食ブランドの商品が高い再購入意向を示しており、「レトルト丼の具」も、「ファーストフード」のランキングで上位にランクされる「吉野家」ブランドがトップを奪取した。
 外食ブランドのレトルト食品は、伝統的な「一汁三菜」の食スタイルが減少 (「食」についてのマンスリーニュースレター)する一方で、健康志向、節約志向を受けた内食回帰にマッチした商品として、今後も成長が期待される。また、NBメーカーにとって、外食ブランドのレトルト食品は脅威な存在となりそうだ。  

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示12ブランド】
  • できたてづくり(ハウス食品)
  • DONBURI亭(グリコ)
  • どんぶりシリーズ (大塚食品)
  • 金のどんぶり(マルハ)
  • うまいどんぶり!(丸美屋)
  • なっとくの丼シリーズ(S&B食品)
  • まかない飯(日本水産)
  • ぐるりニッポンの旅 駅弁巡り(日本水産)
  • ニコ丼(テーブルマーク)
  • どんぶり小町 野菜を食べるどんぶり(グリコ)
  • 吉野家 丼の具(吉野家)
  • 100円ショップのレトルト丼(ショップ99・ダイソーなど)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年5月19日~5月21日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,028サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.