保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2002.07)
錠菓
-購入経験1位ピンキー、2位フリスク
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 第1回はフリスクやピンキーに代表される錠菓(小さな粒状のお菓子)についての現在の人気ランキングをお届けします。

 購入経験ではフレンテの「ピンキー」が1位、カネボウフーズの「フリスク」が2位となっている。
 しかしながら今後の動向をみるためにリピート意向をみると(購入経験者における今後の購入意向)僅差でポーラフーズの「さわやか吐息」がトップであった。


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2002年7月4日~5日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳 全国男女個人
有効回収サンプル数:738サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.