日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


個人消費 消費支出(2018年4月発表)
18年2月の「消費支出」は、2ヶ月ぶりのマイナス

 

 総務省は4月6日、家計調査2月分の速報を発表した。
 勤労者世帯(サラリーマン世帯)の消費支出は28万9,177円で、物価水準の変動の影響を除去した実質ベースで前年同月比95.3%(名目ベース97.0%)と、実質ベースで2ヶ月ぶりのマイナスとなった。
 勤労者世帯の平均消費性向(季節調整値)は69.3%で、前月から5.2ポイント低下した。
 農林漁業者を含む全世帯の消費支出は26万5,614円で、同100.1%(名目ベース101.9%)と、実質ベースで2ヶ月連続のプラスとなった。

2018年3月発表分において、平均消費性向の季節調整値が過去に遡って改訂されています。


* データダウンロードについて
  • ダウンロードのご利用には、メンバーシップサービス(有料)へのご入会が必要です。
    メンバーシップサービスについては、こちらをご覧下さい。
  • ダウンロード用のデータは、Microsoft PowerPoint 2000およびMicrosoft Excel2000をzip形式で圧縮したものです。ローカルディスクなどにダウンロードした後、解凍してご利用ください。


おすすめ新着記事

消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)<br>無糖炭酸水がリピート意向上位に
消費者調査データ 炭酸飲料(2018年6月版)
無糖炭酸水がリピート意向上位に

2017年の炭酸飲料の生産量は、過去最高を記録した。今回の調査では、「コカ・コーラ」が再購入意向をのぞく6項目で首位を獲得、ブランドの強さを見せつけた。一方でユーザーロイヤリティの指標である再購入意向では、「トップバリュ炭酸水」「ウィルキンソン タンサン」をはじめとした無糖炭酸水が上位にランクイン。健康志向を背景に飲用シーンも広がってきている。

ビール系飲料(2018年6月版)<br>定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール
ビール系飲料(2018年6月版)
定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール

ビール類の出荷量減少が続いている。2017年は1992年以降で過去最低を更新するなど、厳しい市場環境の中でも各社、個性的な商品を投入してしのぎを削っている。今回の調査では、全項目で「アサヒ スーパードライ」が首位を獲得するなど圧倒的なブランド力を見せつけた。再購入意向では「よなよなエール」も上位に食い込んでいる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>試し飲みされるストロングビール<br>味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
試し飲みされるストロングビール
味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵

2017年のサントリー「頂(いただき)」発売以後、各社が相次いで新製品を投入しているストロング系ビール。今回はストロング系ビールについて、どういった人たちが、どういった理由で、どのようなシーンで飲用しているのか調査した。






データでわかる辛口性格診断
マーケティングモニターのご案内
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.