保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ
カップめん(2016年版)

 

 本コンテンツでは、2016年6月16日に開催した「第9回ネクスト戦略ワークショップ 品質競争下の食品市場の成長戦略」より、成熟市場において再成長を遂げた商品分野をご紹介します。

 日本即席食品工業協会発表の「カップめんの生産量」をみると、カップめんの生産は2005年にピークを迎えて以降は成長が停滞。しかし2009年から再び成長の兆しを見せはじめ、2015年には過去最高を記録している。




 次に、家計調査からカップめんの月別支出金額を2007年と2015年で比較してみると、8月から12月にかけての支出額が伸びていることがわかる。
 日清食品がここ数年、冷やして食べる「iCEカップヌードル」を提案しているほか、明星食品の「台湾まぜそば」、東洋水産の「汁なし担々麺」など、各社、夏場でも食べやすい汁なしカップめんの新製品を投入しており、季節を問わず食べられるようになってきている。

 また、東洋水産の「マルちゃん正麺カップ」の登場など、袋めんにおけるノンフライめんブームがカップめんにも波及しつつあり、今後の市場の伸びに注目したい(「消費者調査データ カップめん(2016年2月版)」参照)。

 より詳細な内容については、公開中の「第9回ネクスト戦略ワークショップ 品質競争下の食品市場の成長戦略」講演録をご参照下さい。

成長市場をもっと見る  アイスクリーム / チョコレート / ドレッシング
 

第9回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.