日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ
チョコレート(2016年版)

 

 本コンテンツでは、2016年6月16日に開催した「第9回ネクスト戦略ワークショップ 品質競争下の食品市場の成長戦略」より、成熟市場において再成長を遂げた商品分野をご紹介します。

 全日本菓子協会発表の「チョコレートの小売金額」をみると、チョコレートの小売金額は2001年以降、10年にわたって停滞を続けてきた。ところが2011年から徐々に伸長し、2014年には前年比7.5%の成長を見せている。




 次に、家計調査からチョコレートの月別支出金額を比較してみる。
 2015年では、2007年と比べてバレンタイン時期である2月の支出が伸びている。これは、家族や自分自身のための購入の増加など、バレンタインのあり方が変わってきているためだと考えられる(「『食』のマンスリー・ニュースレター 第70号 チョコレートにみる階層消費」参照)。

 近年、チョコレート市場では大人向け商品へのシフトのほか、健康志向などを打ち出した機能性チョコレートの台頭がみられる(「消費者調査データ チョコレート(2016年3月版)」参照)。
 これらの新商品が、さらなる市場の成長をもたらすことができるのかが注目される。

 より詳細な内容については、公開中の「第9回ネクスト戦略ワークショップ 品質競争下の食品市場の成長戦略」講演録をご参照下さい。

成長市場をもっと見る  アイスクリーム / カップめん / ドレッシング
 

第9回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.