保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
「走出去」-中国企業の海外進出
楊 亮
図表図表1.2008年~2012年中国対外直接投資金額推移
(金融類・非金融類合計)
 「走出去」(中国語発音:ゾウチュチィ)とは、中国政府が打ち出した中国企業による海外投資戦略のことである。1980年代から実施してきた外国資本導入戦略「引進来」(インジンライ)に対する言葉である。これは「第11五カ年計画(2001~2005年)」から始まったのもで、直接対外投資の増加、製品の多様化、海外市場における中国企業のブランド力の向上などを狙いとしている。
 この戦略がスタートしてから、中国の直接対外投資が着実に増えている(図表1)。

図表2.2012年中国と世界主要国・地区
対外投資フロー比較
 2013年9月中国商務部が公表した「2012年度中国対外直接投資統計公報」によると、2012年度の中国対外直接投資額は前年比+17.6%の878億ドルと史上最高水準に達し、米国と日本に次いで、初めて世界三大対外投資国のひとつになった(図表2)。2012年末時点では、海外における中国企業は2.2万社弱、進出先は179の国と地域に及んだ。対外直接累計額は5,319億ドルで、資産総額は2兆3,000億ドルを超えた。

図表3.2008年~2012年海外における中国企業の
買収・合併金額
 「走出去」戦略の背景には、国内市場の飽和と過剰競争を強いられた企業の、市場・資源の獲得、そして付加価値が高い製品を製造するために必要とする技術の獲得というニーズがあるからである。買収・合併は市場・技術を獲得するために最も効率がいい手段とされるため、中国企業は近年海外で積極的に買収・合併を行ってきた。同公報によると、2012年、中国企業による対外投資買収・合併プロジェクトは457件、実行取引高は434億ドルで、いずれも史上最高水準を記録した(図表3)。

図表4.2012年主要業種別
中国対外直接投資フロー状況
 同公報によると、中国対外投資業種がリース業と商務サービス業、金融業、採鉱業、卸売と小売業、製造業、交通運輸業・倉庫と郵政業、建築業などの分野に集中していることが分かる。これら業種の投資額が803億ドルで、年間投資額フローベースの約91%を占めている(図表4)。

 近年、人民元高で対外資産に割安感が広がっていることもあり、中国企業の対外投資業種はさらに広がっている。特に不動産分野において、中国企業による欧米での大型不動産買収が相次ぎ、バブル期の日本企業を彷彿とさせる勢いである(図表5)。

図表5.直近中国企業による海外投資案件


 中国企業の対外投資はまだスタートの段階に過ぎない。企業の経験も少なく、その上に対外投資のリスクに対する認識が欠けている。

 中国企業にとって、真の国際企業になるためには、今後各分野に関する専門人材の育成、投資対象国の経済制度、社会および文化への理解と貢献、企業イメージの改善など課題解決が、避けて通れない。

(2014.02)





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.