保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ビジュアルコミュニケーションの極意
【Step 3-4】
 第11回 「イメージの表現:イメージ型」
 今回は、Step3「コンセプトを表現する」の第4回として「イメージ型」の図表についてご案内していきます。

第11回の構成
(1) テーマに関連するイメージで表現する
(2) さまざまなモチーフを使う


 イメージ型の図表は、図表の扱うテーマに関連するものの形や、さまざまなモチーフなど「意味のある形」を比喩的に利用して表現するものです。イメージ型の図表は、図表としてのインパクトがあり、受け手の注意を引きつけるのに有効ですが、多用するとプレゼンテーション全体の印象が散漫になったり、煩雑になったりする恐れがあります。最終的なコンセプトやポイントとなるデータを表現する場合に適した図表といえるでしょう。
 イメージ型の図表は、用いるイメージやモチーフによって使う図形や配色も多様になります。雑多な印象を与えないように、図形や配色利用の原則(第5回 「レイアウトの基本(2)」参照)を踏まえて作成します。

(1) テーマに関連するイメージで表現する

 テーマに関連するイメージとは、例えば飲料関係を扱うのであればグラスやカップ、自動車をテーマにするのであればタイヤなどが挙げられます。図表全体または一部にこれらのフォルムを利用することで受け手の興味を引きつけます。
 用いるイメージは、できるだけ受け手になじみの深いものを選んで、単純化し、必要があればデフォルメします。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツ会員ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員、コンテンツ会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
コンテンツ会員の方は、下記をクリックして購入画面にお進みください。


  構 成

第1回 ビジネスコミュニケーションとしてのプレゼンテーション(一般公開中)
第2回 グラフの選択と基本グラフの作成
第3回 応用的なグラフ
第4回 レイアウトの基本(1)
第5回 レイアウトの基本(2)
第6回 メッセージを伝える
第7回 動きのあるプレゼンテーション
第8回 イメージの表現:対比型・交差型
第9回 イメージの表現:循環型・展開型
第10回 イメージの表現:要因分解型・収斂型
第11回 イメージの表現:イメージ型
第12回 プレゼンテーションを仕上げる


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.