保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ビジュアルコミュニケーションの極意
【Step 3-3】
 第10回 「イメージの表現:要因分解型・収斂型」
 今回も引き続き、Step3「コンセプトを表現する」をお送りします。今回は、Step3の第3回目として「要因分解型・収斂型」の図表についてご案内していきます。

第10回の構成
(1) 要因分解型の図表
 1) 基本的な要因分解型の図表
 2) 放射型の図表
(2) 収斂型の図表
 1) 基本的な収斂型の図表
 2) フィッシュボーン図

 要因分解型の図表は、抽象度の水準のより高い大項目から個別具体的な複数の小項目にブレイクダウンしていく様子を表現する図表です。逆に、複数の具体的な小項目からひとつの結論につなげていくのが収斂型の図表です。

(1) 要因分解型の図表

 要因分解型の図表は、階層別に配置した図形を矢印または罫線でつなぎ、各項目をブレイクダウンさせていくものです。各項目は階層ごとに抽象度を揃え、階層は3~4段階までにとどめます。項目の数は中項目レベルで2~4程度が見やすいでしょう。
 図表全体の流れは、階層が3段階以上の場合、左から右、または上から下を基本とします。要因分解型の図表は、図表の性質上、各項目の文字数が多くなるケースが多いため、項目には長方形や角丸四角形を利用するのが一般的です(文字数と図形の関係については第5回 「レイアウトの基本(2)」参照)。この場合、全体のイメージを揃えるため、矢印も直線的なものを利用します。
 配色は、階層ごとに統一するか、中項目の系列ごとに統一するのが一般的ですが、特に強調したい項目に対しては、同系色の濃い色や強調色を使うこともあります。
 また、要因分解型の図表は、組織図や分類図として利用されることもあります。

 1) 基本的な要因分解型の図表

図表10-1 基本的な要因分解型の図表
 図表10-1 は、要因分解型の図表のもっとも基本的な例です。全体を3段階にし、三つの中項目にそれぞれふたつの小項目を配しています。図形の形と大きさは全て同一ですが、階層が下るにつれて図形の色を薄くし、階層の差をはっきりさせています。

図表10-2 縦に流れる要因分解型の図表の例
 図表10-2 は、縦に流れる要因分解型の図表の例です。図形の形は同一ですが、中項目にあたる「グローバリスト」と「ローカリスト」の段階で、図形、矢印ともそれぞれ青系統と紫系統の配色を使用し、質的な違いを強調しています。

図表10-3 横に流れる要因分解型の図表の例
 図表10-3 は、横の流れをもつ要因分解型の図表の例です。各項目の文字数が多いため、図形は四角形を利用しています。配色は、2階層目までは同一の色を使用していますが、最後の3階層目については、有効と判定されたものにだけ濃い青を利用して強調しています。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツ会員ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員、コンテンツ会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
コンテンツ会員の方は、下記をクリックして購入画面にお進みください。


  構 成

第1回 ビジネスコミュニケーションとしてのプレゼンテーション(一般公開中)
第2回 グラフの選択と基本グラフの作成
第3回 応用的なグラフ
第4回 レイアウトの基本(1)
第5回 レイアウトの基本(2)
第6回 メッセージを伝える
第7回 動きのあるプレゼンテーション
第8回 イメージの表現:対比型・交差型
第9回 イメージの表現:循環型・展開型
第10回 イメージの表現:要因分解型・収斂型
第11回 イメージの表現:イメージ型
第12回 プレゼンテーションを仕上げる


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.