日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ビジュアルコミュニケーションの極意
【Step 3-1】
 第8回 「イメージの表現:対比型・交差型」
 今回からはStep3「コンセプトを表現する」に入ります。提案書や企画書に必要なコンセプトを表現する図表について、タイプ別に4回にわたってご案内する予定です。Step3の第1回目となる今回では、「対比型・交差型」の図表についてご案内していきます。

第8回の構成
(1) 対比型の図表
 1) 基本的な対比型の図表
 2) グラフを用いた対比型の図表
(2) 交差型の図表
 1) 基本的な交差型の図表
 2) 包含型の図表


 対比型と交差型の図表はイメージを表現する図表としてはもっとも基本的でシンプルなものです。

(1) 対比型の図表

 対比型の図表は、複数の図形、または図表を左右または上下に並べて、違いや特性をはっきりさせたものです。対比させる項目は、大項目レベルで2~3点程度に抑えます。対比させる項目がそれ以上になる場合は、マトリックス(表)を使った方が分かりやすいでしょう。
 対比させる項目同士は、大きさや位置を揃え、対応関係をはっきりさせます。必要に応じて、矢印や線でつなぐ場合もあります。
 配色は、並列の概念を比較する場合は、同系色を使用します。プラス面とマイナス面など対立する概念を表現する場合は、「基本色と強調色」など色相に違いのある色を使用することもあります。

 1) 基本的な対比型の図表

図表8-1 基本的な対比型の図表
 図表8-1は、対比を表すもっとも基本的な図表の構造を図示したものです。ふたつの大項目AとBの下に、それぞれ小項目を3点置いています。大項目同士、小項目同士の図形と形を揃え、何を対比させるのかを明確にします。


図表8-2 対比型の図表の例
 図表8-2は、3種類の流通システムについての対比型の図表の例です。大項目にあたるそれぞれの流通システムの名称と、共通する「メーカー」「ユーザー」については、位置や大きさ、色を揃えています。

図表8-3 対立を表す対比型の図表の例
 図表8-3は、対立する概念を示す対比型の図表の例です。図形の配置は左右対称ですが、「悪循環」の部分は赤をベースに、「善循環」の部分は青をベースにして対立を表現しています。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツ会員ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員、コンテンツ会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
コンテンツ会員の方は、下記をクリックして購入画面にお進みください。


  構 成

第1回 ビジネスコミュニケーションとしてのプレゼンテーション(一般公開中)
第2回 グラフの選択と基本グラフの作成
第3回 応用的なグラフ
第4回 レイアウトの基本(1)
第5回 レイアウトの基本(2)
第6回 メッセージを伝える
第7回 動きのあるプレゼンテーション
第8回 イメージの表現:対比型・交差型
第9回 イメージの表現:循環型・展開型
第10回 イメージの表現:要因分解型・収斂型
第11回 イメージの表現:イメージ型
第12回 プレゼンテーションを仕上げる


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.