保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ビジュアルコミュニケーションの極意
【Step 2-4】
 第7回 「動きのあるプレゼンテーション」
 前回第6回までは、静的なページ作成についてご案内してきました。第7回では、スライドのアニメーションや、ムービーなどを使った動的なプレゼンテーションの作成についてご案内していきます。

第7回の構成
(1) アニメーション効果
 1) アニメーション適用の原則
 2) テキストのアニメーション
 3) 図表のアニメーション
 4) グラフのアニメーション
(2) 画面の切り替え

(1) アニメーション効果

 PowerPointでは、テキストや図形に、浮き上がりながら表示させたり移動させながら表示させるなどのアニメーション効果をもたせることができます。
 アニメーション効果をもたせることで、プレゼンテーションの受け手の注意をひきつけ、インパクトのある効果的なプレゼンテーションを行うことができます。

 1) アニメーション適用の原則

 アニメーションは効果的なツールですが、適用を誤るとプレゼンテーションが冗長な印象になったり、かえって図表の説明力を弱める結果になりかねません。
 本文中の図表、テキストを通じた適用の原則は以下の通りです。
  • アニメーションを適用するテキストや図形が多すぎると印象が散漫になるので、そのページのポイントとなるテキストや図形に対して行う
  • アニメーションの種類は、同一ページ内ではテキスト、図表それぞれ1~2種類、プレゼンテーション全体を通しても3種類程度に留める
  • 動作時間の長いアニメーションや派手なアニメーションを使用すると冗長な印象になるため、動作時間の短い、シンプルなものを使用する
  • アニメーションの動作方向は、視線を誘導する方向と同じにする
  • プリントアウトして配付資料に利用することも考え、図形をむやみに重ねない
 ただし、例外としてトップページのタイトルには、動作時間の長い、派手なエフェクトをもつアニメーションを適用する場合もあります。

アニメーションの適用手順
  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトがあるスライドを表示し、[スライド ショー] メニューの [アニメーションの設定] をクリック、[効果] タブをクリックする
  2. [アニメーションを付けるオブジェクト] ボックスで、アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトのチェック ボックスをオンにする
  ※ Windowsでは、上記1.2.の代わりに、アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを
    右クリックし、[アニメーションの設定]をクリックして設定することもできる
  1. [アニメーションとサウンド (E)] で目的のオプションを選択する
    テキストにアニメーションを適用する場合は、[テキスト (I)]のオプションも選択する
  2. アニメーションを設定するオブジェクトに対して、3.を繰り返す
  3. アニメーションの表示順を変更するには、[アニメーションの順序] ボックスで表示順を変更するグラフを選択し、上向きの矢印か下向きの矢印をクリックして一覧の中でグラフを移動する
設定したアニメーションをプレビューするには、[プレビュー] をクリックし、確認する


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツ会員ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員、コンテンツ会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
コンテンツ会員の方は、下記をクリックして購入画面にお進みください。


  構 成

第1回 ビジネスコミュニケーションとしてのプレゼンテーション(一般公開中)
第2回 グラフの選択と基本グラフの作成
第3回 応用的なグラフ
第4回 レイアウトの基本(1)
第5回 レイアウトの基本(2)
第6回 メッセージを伝える
第7回 動きのあるプレゼンテーション
第8回 イメージの表現:対比型・交差型
第9回 イメージの表現:循環型・展開型
第10回 イメージの表現:要因分解型・収斂型
第11回 イメージの表現:イメージ型
第12回 プレゼンテーションを仕上げる


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.