保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ビジュアルコミュニケーションの極意
【Step 1-1】
 第2回 「グラフの選択と基本グラフの作成」
 前回第1回では、図表の種類や作成にあたっての考え方などをご案内しました。今回第2回と次回第3回では、Step1として「データを表現する図表」の作成についてご案内します。
 第2回では、目的別のグラフの選択と基本的なグラフの作成について、次回第3回ではパレート図やレーダーチャート、絵グラフなどについてご案内していきます。

第2回の構成
(1) データの表現とグラフの形式
1) 構成比の比較
 2) 項目の比較
 3) 時系列比較
 4) 度数分布
 5) 相関

(1) データの表現とグラフの形式

 データを表現する図表を作成するために、一番重要なことは、「このデータで何を訴えるのか」です。データは、ほかの何かと比較することによって、その意味や位置づけを理解してもらうことができます。つまり、単年度の自社の売上のグラフだけがあっても、それでは「データを表現した」ことにはなりません。他社と比べてどうなのか、時系列でみて伸びているのか停滞しているのか、などを比較して視覚化することがデータを表現することなのです。
 比較のタイプは「構成比」「項目」「時系列」「度数分布」「相関」の五つに大別できます。
 たとえば、売上を表現する場合、訴えたいポイントは何なのかをはっきりさせ、それにふさわしい比較の方法を決定します。表現したいのが「売上に占める個別の製品の比率」であれば構成比のグラフを、「事業所別の売上データ」であれば項目比較のグラフを、「売上の年次推移」であれば時系列のグラフを、「営業マンひとりあたりの売上分布」であれば度数分布のグラフ、「拡販費と売上の関係」であれば相関のグラフを選択します。 比較のタイプごとに最も適したグラフの形式を整理したものが下の図表2-1です。もちろんグラフにはこれ以外にも多くの種類がありますが、第2回となる今回は、この五つの基本的な比較とそれに対応する9種類のグラフについてみていきます。

図表2-1 グラフの選択


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツ会員ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員、コンテンツ会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
コンテンツ会員の方は、下記をクリックして購入画面にお進みください。


  構 成

第1回 ビジネスコミュニケーションとしてのプレゼンテーション(一般公開中)
第2回 グラフの選択と基本グラフの作成
第3回 応用的なグラフ
第4回 レイアウトの基本(1)
第5回 レイアウトの基本(2)
第6回 メッセージを伝える
第7回 動きのあるプレゼンテーション
第8回 イメージの表現:対比型・交差型
第9回 イメージの表現:循環型・展開型
第10回 イメージの表現:要因分解型・収斂型
第11回 イメージの表現:イメージ型
第12回 プレゼンテーションを仕上げる


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.