日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(申込受付 6月15日迄)3時間x6回の講義でプロマーケター速成!
「一」から学べるマーケティング入門講座のご案内


食品業界の中堅企業に向けた、マーケティング担当者育成講座を開講します。設立以来27年間、5,000以上の課題に取り組んできた経験とノウハウをもつJMR生活総合研究所だからできる人財速成サポート。独自のテンプレートと戦略ケース、事例をもとに、1回3時間、全6回の集中講義を行います。
社内で不足しがちなマーケティング実務者を養成する「食品業界のマーケティング実務者養成コース」をご用意いたしました。皆様のご参加をお待ちしております。


中堅企業向けマーケターの実践育成
「食品業界のマーケティング実務者養成コース」

60年の歴史を誇るJMR生活総合研究所が人財育成に貢献。
六つのテンプレートと12の戦略ケースで着実にスキルアップができる!

当社が蓄積してきた500を超える「戦略ケース」から12のケースを厳選。食品マーケティングを実践的に学べる六つの「テンプレート」によって、着実に実務的なマーケティングスキルが身につきます

社内で不足するマーケティング人財育成に貢献!

  • 食品マーケティングの専門家になれる
  • 鋭いデータ分析ができる
  • 市場のチャンスと脅威を見極めることができる
  • お客さまのことをよく理解している
  • 自社オリジナルのマーケティング計画が立てられる

プログラム

内容 実施日
第1回
デジタル環境を活用した中堅メーカーの食品マーケティングとは何か
【講義】マーケティングの基礎と食品業界の特徴(▼詳細
顧客を知らなきゃ始まらない
  • マーケティングの出発点は、お客さまを知ること
  • お客さまに最適に届ける技術:セグメント・ターゲティングと4P
  • 食品マーケティングの特徴は、多様性・土着性
  • 中堅企業にしかできないマーケティングがある 等
マーケティングの基礎、食品業界、中堅企業のマーケティングを理解します
【事例研究】事例で学ぶ中堅食品企業のマーケティング(▼詳細
大企業にはできないマーケティングがある。デジタルの上手い活用
  • 事例(1):相模屋食料のセグメントとブランドづくり(予定)
  • 事例(2):松谷化学工業「希少糖」ブランド化への挑戦(予定)
  • 2社に共通すること・成功のポイント
2社の成功事例から、中堅企業らしいマーケティングの原則を学びます
【個人ワーク】自社のマーケティング力のチェック・点検(▼詳細
自社マーケティング力を知る50のチェックポイントがある
  • マーケティング志向はありますか
  • マーケティングのST+4Pのチェックポイント
  • こんな問題に直面していませんか?
50のチェックシートで、自社マーケティングの強みと弱みを把握します
個別相談会(プログラム終了後、希望者対象)
6/21(木)
15~18時
第2回
自ら情報を集め、分析するためのマーケティングリサーチ(市場分析)を学ぶ
  • マーケティングリサーチの基礎と食品業界の特徴
  • 中堅食品企業が行うマーケティングリサーチの方法
  • 顧客の食生活分析シートにもとづくチャンス探索
7/26(木)
15~18時
第3回
弱者ならではのブランド戦略を設計する
  • ブランド戦略のポイント
  • 事例に学ぶ中堅企業のブランド戦略
  • ブランド戦略シートによるブランド戦略設計
8/30(木)
15~18時
第4回
マス宣伝を使わないプロモーションを設計する
  • 食品業界のプロモーション動向
  • 中堅企業らしいプロモーション事例
  • プロモーション設計シートによる自社販促プラン設計
9/27(木)
15~18時
第5回
WEBを活用した弱者の流通政策と営業戦略を設計する
  • デジタル食品流通変化をどう見るか
  • 事例で学ぶ中堅企業の流通/営業政策
  • デジタルを活用した中堅企業ならではの営業活動
  • デジタルを組み入れた自社の流通/営業政策設計
10/25(木)
15~18時
第6回
大企業にはできない中堅企業の統合的マーケティングプランを設計する
  • これまでの学んできたこと
  • 事例に学ぶ中堅企業マーケティングの成功の鍵
  • マーケティングシートによる自社マーケティング戦略立案
11/29(木)
15~18時

会場

JMR生活総合研究所 会議室(パレスサイドビル2F)
東京メトロ東西線竹橋駅直結(詳しいアクセス方法はこちら


竹橋駅直結、皇居を臨む絶好のロケーション


年会費、特典

参加費(全6回):180,000円(1名様)
※社内で同時に複数名お申し込みいただいた場合、二人目以降は3割引とさせていただきます
※1回のみの参加は36,000円にて承ります
※参加費は開催日の一週間前までに、弊社指定の口座までお振り込み下さい

お申込み特典:冊子「眼のつけどころ」2018年1月号、書籍「戦略ケースの教科書」(かんき出版)をプレゼント!


お申込み

※尚、調査会社、シンクタンク、コンサルティング、広告代理店の皆様には、
ご参加をお断りさせて頂いております。何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。




おすすめ新着記事

戦略ケース<br>高成長を長期維持する業務用ヘアケアNo.1「ミルボン」<br>ブレない基本戦略と強みを磨き続ける競争優位
戦略ケース
高成長を長期維持する業務用ヘアケアNo.1「ミルボン」
ブレない基本戦略と強みを磨き続ける競争優位

業務用ヘアケアのミルボンが、1996年の株式公開以来、21期連続の増収を続けている。創業は1960年で、国内ヘアケアメーカーとしては241番目の後発組だ。創業時から一貫して美容室だけをターゲットにした独自路線を歩んでいる。そんな後発メーカーがこのように躍進できたのは、他社が真似できない価値活動を作り上げ、差別化集中戦略を続けてきたからだ。

戦略ケース<br>急成長を続ける化粧品ブランド「THREE」<br>差別化と脱しがらみで日本発の世界ブランドへ
戦略ケース
急成長を続ける化粧品ブランド「THREE」
差別化と脱しがらみで日本発の世界ブランドへ

「THREE」が業績を伸ばしている。ポーラ・オルビスHD傘下の、日本発化粧品ブランドだ。ブランド発足から9年間で売上は80億円にまで達した。オーガニックブームにも機能性競争にも乗らず、なぜここまでの急成長を遂げることができたのか。その三つの成功要因からは、中堅企業が競り勝つための原則を学ぶことができる。

戦略ケース<br>木内酒造:常陸野ブルーイング  クラフトビールのパイオニアはローカルからグローバルへ
戦略ケース
木内酒造:常陸野ブルーイング  クラフトビールのパイオニアはローカルからグローバルへ

国内クラフトビールのパイオニア、木内酒造。国内メーカーとしてはヤッホーブルーイングに次ぐシェア第3位だが、同社の特徴は海外での評価が高いことだ。インターナショナルビアサミットでの金賞受賞をはじめ、世界各国のコンテストで受賞を続けている。なぜ茨城発の中堅メーカーが海外でも存在感を高めているのか。木内酒造の成功の三つのポイントを挙げる。

データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.