日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



日本の各業界の有力企業の、1980年から今日までの戦略ケースを収録しました。
多くのマーケティングの成功事例、先行事例がここにあります。新しい経営課題にどう迫っていくかの見本例になるものです。マーケティング実務家のみなさんのより優れた戦略立案、モデルづくりにお役に立てるものと思います。


J-marketing.net新会員サービスの誕生を記念して、2014年の戦略ケースを、無料の会員登録だけでご利用いただけます。
この機会に、ぜひ、J-marketing.net会員サービスをご利用ください。

新しく、より使いやすく生まれ変わったJ-marketing.net会員サービスのご登録はこちらから

※会員登録は無料です。
※2013年以前の戦略ケースの閲覧には、別途有料の会員登録が必要です。


無料で読める!戦略ケース


日本マクドナルドホールディングスの業績低迷が止まらない。2014年10月の月次セールスレポート(11月6日発表)によると、既存店売上高は前年同月比17.3%減となった。これで既存店の二桁減少は4ヶ月連続である。
2012年に日本に本格参入を果たしたLCC3社のうち、早くも黒字に転換したピーチ・アビエーションの成功を振り返り、国内でのLCC普及への課題を......
ビール類市場ではキリンの独り負けが続いている。  2001年にトップの座をアサヒビールに奪われた同社は、その後巻き返し、2005年以降、1%をめぐるトップ争いを演じてきたが......
2014年に入り、食品小売業の再編が加速している。その大きなきっかけはふたつある。ひとつは、2013年11月にセブン&アイ・ホールディングスが打ち出した「オムニチャネル戦略」である。セブン&アイは、リアル店舗と......(2014.11)
9月1日、サミットがネットスーパー事業を10月末日で終了することを発表した。正式には住友商事の100%出資会社である住商ネットスーパーが......
近年のトクホブームにおいて、多くの商品に含有されていたのが機能性素材「難消化性デキストリン」である。その難消化性......
消費税増税の駆け込みとその反動が直撃した3-5月における小売業の第1四半期の業績が発表された。注目すべきはセブン&アイとイオンの小売2強の業績の......
カルビーの快進撃が止まらない。2013年度決算は、売上高1,999億円(前年比111%)、営業利益197億円(前年比125%)と絶好調......
マットレスの市場規模が急速に拡大している。フィギュアスケートの浅田選手をはじめトップアスリートの間では高い人気を獲得していたが、一般消費者に......
牛丼チェーン大手3社の2014年5月の月次実績が出そろった。4月の消費税増税を機に3社が価格改定したことで注目されたが、既存店売上高の前年同月比で......
チャネルは今、オムニチャネルだとか、いろんなふうに変わってきています。それに対して、様々な取り組みがありますので......
初めに、商品接点のリ・デザインの基本的な考え方を整理します。顧客接点が拡がっていき......
2000年代に国内に誕生したエナジードリンク市場は2013年時には約950万ケース(1ケース30本換算)が出荷される巨大な......
スウェーデン発祥の家具販売大手であるイケアが2014年4月にイケア立川の営業を開始する。これを皮切りにイケアは2020年までに既存7店舗から14店舗へ......
2013年11月、セブン-イレブン・ジャパンの創業40周年式典において同社の鈴木敏文会長は、「セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)の第2ステージを......
健康志向や時短調理、さらには食におけるカスタマイズというトレンドの中で、(グリーン)スムージーが......
食品スーパーやコンビニエンスストアの野菜売場で、カット野菜の売場が広がっている。健康志向による野菜摂取意識の高まりを......
競争が激しい食品スーパー業界の中で、特徴ある豊富な品揃えと、売場づくりと売り方の工夫により持続成長を遂げている中堅チェーンがある。代表例は......
外食産業の年間売上高は全業態トータルで100.7%と2年連続で前年を上回った。注目すべきは5年ぶりに前年比プラスとなった客単価である。長らく......
1月31日にエイチ・ツー・オーリテイリング(以下、H2O)がイズミヤを子会社化すると発表された。両社の売上を合計すると約8,700億円。首都圏を中心に......
1月23日に日本経済新聞で「リンガーハットの8番らーめん買収」が報じられた。両社はリリースで「現時点において決定事実ではない」としたが......
1月9日に発表された吉野家ホールディングスの2014年2月期の第3四半期(2013年3-11月)は、売上高が前年同期比5.7%増だったが......
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.