日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2018.02)
ポケモンビジネスの進化が止まらない
―ロイヤリティを高めるファンづくり戦略
リサーチャー 松岡拓郎





より多くの方にご覧いただけるよう、全文を無料公開いたしました!

本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料または有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

ゲームだけに頼らないメディアミックス戦略

 1996年に発売されたゲームボーイ用ロールプレイングゲーム「ポケットモンスター赤・緑」。当時の小中学生から絶大な支持を受け、記録的な大ヒットとなった。同作の国内販売本数は800万本を超え、その後も「ポケットモンスター金・銀」など新シリーズが発売されるたびにヒットを続けている。また、昨年リリースされたスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」は、新たなファンの獲得に一役買い、社会現象となった。なぜポケットモンスター(以下、ポケモン)は、消費者に飽きられずに20年以上支持され、進化を続けられるのか。これまでのポケモンの歴史を振り返り、その理由を探る。


図表1.国内ポケモン関連のゲームソフト販売額



 販売本数に波はあるものの、新シリーズが発売されるたび、ほとんどの商品が年間販売本数1位となっている。国内におけるシリーズ累計販売本数は7,000万本を超え、売上は3,000億円以上と推測される。そして、今やポケモンはゲームファンのみでなく、それ以外の人にも広く知られるようになった。「ゲームソフト」から、「キャラクター」へと進化を遂げたということができる。

 下のグラフはこれまでのポケモンビジネスの市場構成比を示している(図表2)。


図表2.累計、国内のポケモン市場構成比



 株式会社ポケモンによれば、これまでの国内のゲームや映画などを含めたポケモン市場は累計で2兆1,000億円に上る。つまり、ゲームによる市場規模は国内全体の15%も占めていない。ポケモンビジネスを語る上で欠かせないキーワードは、「メディアミックス戦略」だ。

 ポケモンには、「ゲーム事業」「アニメ・映画事業」「カードゲーム事業」「ライセンス事業」の四つの柱がある。カードゲームは世界的に人気で、世界での累計販売額は7,000億円を超える。ライセンス事業ではマクドナルド(ハッピーセット)や第一パン(ポケモンパン)、タカラトミーなど国内外で450社以上とライセンス契約を結んでいる。

 映画事業は2017年に20周年を迎え、これまでの興行収入は約788億円となっている。映画館来場者特典として、ゲームと連動して限定のポケモンを配布し、ゲームファンの映画への動員を図った。ポケモン映画は、映画の前売り券の販売枚数のギネス記録まで保有している。このような事業の幅広さが、現在のポケモン事業を支えている。


リアル店舗やイベントで幅広い年代を集客。ロイヤリティを高めるファンづくり戦略とは【続きを読む】(有料・無料会員向け)
※会員のご登録はこちらをご覧ください。



ゲーム業界の業績と戦略を比較分析する

マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.