保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2014.01)
吉野家、高価格帯好調で復活の狼煙
~「うまい、やすい、はやい」に「ごゆっくり」の「牛すき鍋膳」がヒット~



本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
無料のご登録はこちらをご覧ください。

 1月9日に発表された吉野家ホールディングス(参照:企業活動分析 吉野家ホールディングス)の2014年2月期の第3四半期(2013年3-11月)は、売上高が前年同期比5.7%増だったが、営業利益は同70.8%減、経常利益も同36.5%減と大幅な減益、最終損益は2.76億円の赤字となった。同社によると、米や牛肉など原材料のコスト増が原因で、4月に実施した値下げの効果は既存店売上高が同5%増となったものの、利益拡大には至らなかった。通期の予想は、売上高が前期比4.5%増、営業利益が同14.8%減、経常利益が10.6%減と増収減益としている。しかし、最終黒字2.5億円は据え置いており、残り3カ月で黒字転換が可能と見込んでいる。



会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.