保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2012.09)
楽天、アマゾン参入・強化で食の流通が変わる
拡大する食品販売のネット化 II
マネジャー 川口健一



はじめに ネットブランドがもたらす新たな食品流通
 2012年7月、楽天のグループ会社「楽天マート株式会社」が新規事業としてネットスーパー「楽天マート」のサービス提供を開始すると発表した。楽天はすでに「楽天ネットモール」を展開しているが、マルエツや紀ノ国屋のネットスーパーが楽天のモールに出店するというスタイルだった。しかし今回は楽天自らが商品を仕入れ、販売する直営スタイルとなる。またアマゾンがこの2年間で「フルフィルメントセンター」と呼ばれる大型の専用倉庫を各地に設置している。このふたつのネット流通企業の動きは、今後の食品流通に大きな影響を及ぼすと思われる。

 本コンテンツの全文は、有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
有料会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.