日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.08)
外資の第2世代SPA迎撃に備える
ファーストリテイリング「ユニクロ」



第3四半期、純利益400億円・前年同期比27%増
 ファーストリテイリングは2008年7月10日、2008年8月期の第3四半期(07年9月-08年5月期)の決算サマリーを発表した。連結業績で、売上高4,581億円(前年同期比11.4%増)、経常利益748億円(同25.6%)、当期純利益400億円(同26.8%増)と増収増益で大幅な増益を達成している。
 国内ユニクロ事業において、積極的な販促活動により販管費も前年同期比14.0%と増加したが、好調な販売がそれを上回っている。特に第3四半期単独でみると、藤原紀香を起用した「新美脚ボトムス(ハイライズジーンズ・スティックパンツ)」、吹石一恵を起用した「ブラトップ(タンクトップ、キャミソール、チューブトップなど)」など女性に特化したキャンペーンの効果で、上期(07年9月-08年2月)を上回る増収増益を達成した。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.